うすば蜻蛉日記

正しい歴史認識を持って日本人の誇りを取り戻しましょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

在日、部落解放同盟の恐ろしさとお花畑サヨク思想

ロサンゼルス発、よみがえれ我が祖国・日本!様のブログから引用させて頂きます。
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/

====引用ここから====
日本の癌は、
* パチンコ産業
* 部落解放同盟
* 朝鮮総連、韓国民団、朝鮮銀行、朝鮮学校
* シナ人の悪党たち
* 左翼勢力(日教組)
* メデイア
* 民主党と社民党
* 経団連などの大企業トップの一部

まだまだあるが、特に、在日と部落解放同盟の圧力に屈する党は、今後の日本の足を引っぱるだけで、期待は出来ない。自民党も「日本の癌」に対しての覚悟と決意を表明しない限りは、信用もしないし、応援もできない。

調べれば調べるほど、この組織の残忍さが浮き彫りになる。

1969年6月12日、同和対策事業特別措置法が、10年の時限立法として衆議院を通過した。それから2年以上、部落解放同盟のメンバーによる糾弾の嵐が襲う。ターゲットは高校の校長、教諭、私立大学の理事長、学長、教授。強引に差別事件と言って騒動を起こし、恫喝し、謝罪を求め、相手を締め上げる。この恐怖によって、何人かの校長や教頭が自殺したり、精神を病んだ。

なぜ、地上げ屋以上の暴挙が許されたのか?なぜそのような悲劇が発生したのか?
それは、この2年以上の期間だけ、「部落解放同盟」と名乗る暴漢に自宅を占領されても、公共施設で吊るし上げられても、警察官が救済に出動しなかったからだ。

その後、警官が駆けつけてくれるようになったが、それを指揮した刑事部長の自宅に配達された小包が爆発して、夫人が即死した。警察が被害者を助けないよう取りはからった2年以上の間の警察庁の最高責任者3人が被害を大きくした彼らの責任は重い。この行為はまるで暴力団の恐喝である。

この無法時代に便乗した地方自治体の小役人は、同和対策を口実に、大金を動かし、抜き取り、吸い上げの醍醐味に酔って、今日まで継続されている。
昔ほどではないにしろ、「部落解放同盟」と「在日組織」は圧力団体として、共通している。この連中を取り締まらないうちは、日本に平等と平和はやって来ない。

こういったテロ集団のような組織を野放しにして、どうやって世界の国々を相手にリーダーシップを発揮すると言えるのだ?そんなウソのような戯言を言う前に、度胸を、覚悟を証明しろ!
日本の良識を守らないで、蝕み、乱す組織を私は許せない!

===引用ここまで===
小包爆弾事件、思い出しました。こんな裏があったとは。。
鳩ぽっぽが言っていた「日本列島は日本人だけのものではない」これって、現実を見るとあながち間違いではなかったのでは・・・と恐ろしくなります。

「差別はいけません」そう私たちは教えられてきました。
しかし、その差別を利用して甘い汁を吸っている人たち(団体)があるなら、そのほうが許せないことです。


『気をつけよう、甘い言葉と暗い道』という標語があるけれど甘い言葉には夜道でなくても気をつけなければならいと、最近つくづく思う。

8日(開戦の日)にうちのポストに入っていたチラシがある。

「核兵器のない世界」を!

子どもたちに平和な未来を手わたそう!

母親、女性はいかなる戦争にも反対します


いかにも耳障りのいい言葉が並んでいるけれど、読んでみるとサヨク、日教組の影が浮かび上がるような内容だった。

「今から69年前の12月8日、日本軍はハワイの真珠湾でアメリカの連合艦隊を奇襲し、ドイツ、イタリアとくんで、米英をはじめ世界を相手に戦争をはじめました。
日本は、中国・アジアの各地で侵略戦争を続け、たくさんの尊い命が犠牲になりました。
こうしたあやまちを二度と繰り返さないために、日本国憲法は「戦争放棄」「戦力の不保持」を世界に約束したのです。
(略)
みなさん、憲法9条を持つ国として、平和で豊かな未来を子どもたちに手渡すために、武器はいらないの声を大きくしていこうではありませんか。」

平和ボケしている普通の日本人が見たら「なるほど、そうだよね」と思ってしまうような内容だ。
一見、正しいことを言ってるように見えるから、騙される人も多いのだろう。
でも、私にはこう言っているように見える。

日本は侵略戦争をした悪い国なのだから、日本がある限りアジア(中国・韓国)に謝り続けなければならない。
特アの「貢ぐクン」でい続けなければならない。
戦争のせの字も口にしてはいけない。
9条を守って、たとえ世界中が戦争をはじめても、日本はじっとしていなければいけない。
子々孫々、その考えを守っていかなければいけない。


正しい歴史観も、未来の子供たちへの明るい展望もなにもない。

あやまちは二度と繰り返さない

サヨクはこの言葉、大好きなようですね。

その言葉、天安門事件を起こし、チベットなどで虐殺を続ける中国や原爆を落としたアメリカにも言ってくれませんか?
スポンサーサイト

| マツ女のつぶやき | 14:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011/02/24 23:21 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usuba2007.blog37.fc2.com/tb.php/228-2a44dc7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。