うすば蜻蛉日記

正しい歴史認識を持って日本人の誇りを取り戻しましょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

12月8日開戦の日(大詔奉戴日)靖国、千鳥ケ淵、靖国に感謝する会 その1

昨日、12月8日は開戦の日((大詔奉戴日)という事で、今年3度目になる靖国神社参拝をしてきました。

my日本のお友達の日記を見て、「あ、千鳥ケ淵戦没者墓苑へもお参りをしなければ!」と地図を確認。
そして、午後6時半からの文京区民センターでの「靖国の英霊に感謝し神社の安寧を護る国民大集会」へ出席して帰宅という私としてはかなりのハードスケジュールでした。

文京区民センターでの内容は、かなり濃いもので長くなると思うので2回にわけて書こうと思います。
今回、その一は靖国神社と千鳥ケ淵戦没者霊園での話などです。


靖国神社への参拝は今年の8月15日が生まれて初めてだったのですが今日で3度目となりました。
こんなに近かったのに、どうして今まで来なかったのか・・・英霊の皆様に申し訳ない気持ちです。
ちょうど正午頃に着いたのですが、混雑はしていませんでしたが、参拝の人は途切れることなく続いていました。

遊就館の1階のおみやげ物やさんへ行って「1937南京攻略の真実」という文庫本と可愛い桜の形をしたストラップなどを購入。
参道で売っていた靖国神社のカレンダーも購入しました♪
(皇室カレンダーも欲しかったけど、使い終わったあと捨てるなどできないので悩んだ末、やめておきました)

「パール判事の日本無罪論」の文庫本を電車の中で読みながら向かったので、前回2回とも見られなかったパール判事の石碑を見てきました。
ご存知の方も多いと思いますが、インドのパール判事はただひとり、日本人被告全員無罪を唱えた方です。



石碑には
時が熱狂と偏見をやわらげたあかつきには、
また理性が虚偽からその仮面を剥ぎとったあかつきには、
そのときこそ、正義の女神は、
その秤を平衡に保ちながら、
過去の賞罰の多くに、
そのところを変えることを要求するだろう。

という判決文からの引用が刻まれています。

まだ途中までしか読み進んでいない「パール判事の日本無罪論」ですが印象に残ったところをご紹介します。

戦後、再来日をしたパール博士をホテルで歓迎した日本人が「同情ある判決を頂いてありがたい」と語ったところ、博士は「私が日本に同情ある判決を行ったと考えるならば、それはとんでもない誤解である。私は日本の同情者として判決したのではなく、西欧を憎んで判決したのでもない。真実を真実を認め、これに対する私の信ずる正しき法を適用したにすぎない。それ以上のものでも、また、それ以下のものでもない

こうした姿勢を貫いてくださったパール博士には、ひとりの日本人として心から感謝したいと思います。


靖国神社で2時間近く過ごして、千鳥ケ淵戦没者墓苑へ向かいました。
こちらは、またしても生まれて初めての場所。
私のすぐ前に老年の男性と息子さんらしき方が白菊の花を手向けていらっしゃいました。
「千鳥ケ淵」という新聞のようなもの(写真参照)があったので頂いてきました。
今年の秋季慰霊祭には秋篠宮同妃両殿下が御臨席されたとのこと。
バ管は代理で済ませたそうです。まぁ、穢れるからアレは来なくていい。



記事を詳しく読みますと、
千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会主催の秋季慰霊祭は11月18日(月)、澄み渡る秋空のもと秋篠宮同妃両殿下の御臨席を仰ぎ、内閣総理大臣(代理)、厚生労働、環境、防衛、金融・郵政改革各大臣(代理)、自民党、公明、たちあがれ日本各党の代表等の参列を頂き、厳粛盛大に執り行われた。

って、な~んだ民主は全員代理で済ませたのかぁ。
さすが左翼政権ですね。
君が代斉唱したくないから行かなかったんですね(棒

関西テレビのアンカーをご覧のかたはよくご存知でしょうが、青山繫春さんが硫黄島には滑走路の下にもまだ英霊のご遺骨が放置されていると仰ってます。
昨日、帰宅してからYouTubeで見た8日のアンカーで青山さんが「勘弁してくれ」といった哀しげなお顔で仰っていましたが、人気取りのためか管総理が今月14日に硫黄島へ行くそうです。
そもそも硫黄島の遺骨収集作業は、麻生さんだったか安倍さんの内閣時代に行うことが決まっていたのに民主党政権になって予算を取り消された(ウロ覚えですが、大体あってると思います)経緯があったのに、総理の座にただしがみついていたいだけのクソ野郎が英霊を利用するなど、ほんとうに許すまじことです。
しかも、遺骨収集については数千ほど行って後はお茶を濁そうという魂胆らしいというのですから。。
英霊の怒りを買って、硫黄島で行方不明にでもなればいいのに。

話が脱線してしまいましたが「千鳥ケ淵」紙によると、今年もハバロフスク地方での遺骨収集に任じていた遺骨帰還団から37柱のご遺骨が千鳥ケ淵戦没者霊園にお迎えされたそうです。
日本はすべての戦没者の方のご遺骨を、一日も早く祖国へお迎えすることが国としての義務です。
政権が変わっても、その事をないがしろにしてはいけないと強く思いました。

墓苑には、昭和天皇の御製碑と今上陛下の御製碑がありました。

 くにのためいのち ささげしひとびとの 
 
   ことをおもへば むねせまりくる

                (昭和天皇)

 戦なき世を 歩みきて思ひ出づ

   かの難き日を 生きし人々

             (今上陛下)


さて、夕方からの集会場所の区民センター、後楽園駅へ行くにはまだ時間があったのですが、初めて行くのでとりあえず早めに場所を下見しようと思って地下鉄半蔵門駅へと 向かったのですが、迷子に・・・(×_×;)
方向音痴なので同じところをぐるぐる回ってしまっていました。

区民センターでのお話はメモを整理して次回詳しく報告したいと思います。

スポンサーサイト

| マツ女のつぶやき | 15:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011/02/24 23:20 | |

Re: こんにちは、えいと@です。

えいと@さん こんにちは♪
コメントありがとうございます。

> 参拝の列が途切れることなく続いていた…。うれしいです。
> 日本にはちゃんと、先人を思う心ある方がたくさんおられることを知り、本当に嬉しく思います。

まだ3回しか行った事のない私が言うのもなんですけど、靖国神社、つまりは英霊の皆様方を
想う方たちは日本にはちゃんとこんなにいるんですよね。
境内の休憩所にいると、色々な人が自動販売機の飲み物を求めてくるのですが、お国訛りでお喋り
されている方も多くて、日本全国からいらしているんだなぁと思います。

> 千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会主催の秋季慰霊祭は、民主党は代理だったのですか…。
> さすがですね、民主党。(ため息)

もう、さすがと言うしかないですよね。。。

> きっとパフォーマンスですよ。人気取りのためだけに行くのでしょうね。
> そして、硫黄島に行きました~遺骨収集(ちょこっと)やりました~ハイおしまい♪

青山さんも、それを一番心配されてますよね。
あいつのことだから、人気取りのためなら何でも利用するでしょうし。。

> もし、硫黄島に行くのなら、最後の一人の遺骨を収集するまで何度も足を運ぶと約束しろ!
> 総理を辞めても遺骨収集に力を注ぐと約束しろ!
> そう怒鳴ってやりたい気分です。

激しく同意です~。
お遍路なんか行かなくていいから、遺骨収集に一生を捧げてみろ!
そうしたら歴史に残してやってもいい、って思います。

> 京都の祇園にある護国神社にもパール判事の碑があるんです。

そうなんですか~!
こうした方の碑こそ、日本中に置いて欲しいものです。
怪しげなシナ人の碑なんていらないから。

| うらん | 2010/12/10 14:08 | URL |

こんにちは、えいと@です。


マツ女☆メンバーの一員、えいと@です。
コメントするのははじめてですが、今までも記事を拝見しておりました。

12月8日に靖国神社に参拝してくださったのですね。
ありがとうございます。
参拝の列が途切れることなく続いていた…。うれしいです。
日本にはちゃんと、先人を思う心ある方がたくさんおられることを知り、本当に嬉しく思います。

千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会主催の秋季慰霊祭は、民主党は代理だったのですか…。
さすがですね、民主党。(ため息)

菅さん、硫黄島に行かれるそうですね。
これを知った時、ものすごく腹立たしく感じました。
きっとパフォーマンスですよ。人気取りのためだけに行くのでしょうね。
そして、硫黄島に行きました~遺骨収集(ちょこっと)やりました~ハイおしまい♪
…ってやりそうです。
もし、硫黄島に行くのなら、最後の一人の遺骨を収集するまで何度も足を運ぶと約束しろ!
総理を辞めても遺骨収集に力を注ぐと約束しろ!
そう怒鳴ってやりたい気分です。

パール判事は芯からの判事なのですね。
こういう方がいてくださったこと、本当に感謝です。

京都の祇園にある護国神社にもパール判事の碑があるんです。
次回、日本に一時帰国した際には絶対に行こうと思っています。
そして、関東に出向くことがあったら、靖国神社、千鳥ケ淵戦没者墓苑にも行きたいと思います。

     えいと@

| えいと@ | 2010/12/10 05:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usuba2007.blog37.fc2.com/tb.php/224-e5d5cca4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。