うすば蜻蛉日記

正しい歴史認識を持って日本人の誇りを取り戻しましょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

埼玉の恥 恫喝議員 松崎哲久の醜い言い訳

ご存知の方も多いと思いますが、防衛省は10日付で「隊員の政治的中立性の確保について」という名目で自衛隊施設内での民間人の政治的発言を封じ込めるという言論統制を始めました。

産経ニュースより
「秘密国家」へ?…政府の情報統制着々 民間人にも矛先!? 事務次官通達で批判封じ込め 
2010.11.17 00:30

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を受け、政府の情報統制がジワジワと進んでいる。かつて「政権の基本コンセプトは公開と説明だ」と明言していた仙谷由人官房長官が主導しており、国会中に「厳秘」資料を“盗撮”されたとして写真取材への規制強化にも言及した。そして統制の矛先は民間人にも向けられる。政権は「秘密国家」への道を歩み始めたのか-。(加納宏幸、半沢尚久)

 防衛省は10日付で「隊員の政治的中立性の確保について」と題する中江公人事務次官名の通達を出し、自衛隊施設での民間人による政権批判の封じ込めを求めた。

 きっかけは3日に航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)が開いた航空祭。自衛隊を後援する民間団体「航友会」の会長が招待客約3千人を前に衝突事件での政府の対応を挙げ、「民主党政権は早くつぶれてほしい。皆さんも心の中でそう思っているのではないでしょうか」とあいさつした。

 これを伝え聞いた北沢俊美防衛相が激怒し、事務次官通達を指示したとされる。
(以下、略)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101117/plc1011170031000-n1.htm

そもそもの原因は、民主党議員、松崎哲久が入間の自衛隊基地で来場者への配慮から決められていたルールを無視して車を逆走させてでも自分の目の前に車を持ってこいと、車までのたった30メートルの距離を歩くのを拒否し、自衛隊員に対して「俺を誰だと思っている」などと思い上がりも甚だしい暴言を吐き、我慢の限界を超えた自衛隊員が「二度と来るな」と呟いたところ、自衛隊員の胸倉をつかんだ、という事が発端だと言われています。
この私怨から、松崎議員が防衛省に民間人の政治的発言を封じ込めるよう圧力をかけたのではないかと、国会でも自民党の質疑で指摘されていました。


平成22年11月22日 参院予算委ヒゲの隊長の質疑です


そして、問題の松ジャギですが、公式HPのトップページで以下のような弁明をしています。
赤字は私の判断で強調しました。

産経新聞報道に関して(2010年11月18日)
まず、支援者の方々に、大きなご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。11月18日付の産経新聞の記事をはじめ、いわれなき中傷を受けていますが、全く事実無根だと申し上げておきます。まず7月の納涼祭の件は、基地内の誘導の仕方が不適切だと思いましたので、その旨、指摘したことは事実です。私に対し暴言を吐いた隊員には手も足も触れていません。総じて、新聞報道の名に値しない記事です

産経が「松崎議員自衛官を恫喝」車逆走指示「誰だと思っている」と見出しを掲げているのは、謀略の類の話です。とにかく民主党議員を片端から悪者に仕立て上げようとの魂胆が見え透いていて、仲間の多くからも毅然と対応しろと励まされています。ネットでは隊員が女性だったとのデマまで飛ばされているのです。

私が一方通行の「逆走」を要求したこともありません。だいたい、そこは両面通行の場所でしたから、受付方向に車が通れないと思う方が無理なのです。事情を聞いている時、上官の一人が私の車を誘導してきましたので乗り込みましたが、その際に『二度と来るな』と言われました。さすがにムッとしましたが、挑発に乗ったらダメと分かっていますから、立ち去りました。後日、基地側から謝罪にきましたが、私が謝罪を求めたのではなく、あくまで誘導システムに問題があることを指摘したのです。

私は、むしろ男性隊員の立場を慮って、謝罪に来た上官に、「議員とは思わないで言ったのだろうが、誰であれ市民に対して『二度と来るな』と暴言を吐くのは好ましくない」と言ったものを、当日のことに事実を曲げ、趣旨を全く逆に変えて宣伝されています。が、本筋は11月の話の逆恨みでしょう。

産経は一部しか書きませんが、自衛隊の基地内の公式行事で「みんなで、一刻も早く菅政権をぶっつぶして、昔の自民党政権に戻しましょう」(防衛省の記録)と、隊員を煽動する発言があったのです。これが不適切であるのは論をまちません。

その後に、報告を受けた防衛省も「自衛隊法」等の政治的行為の制限に違反するという認識で事務次官通達を出しましたが、自衛隊員に倒閣を煽動するのは、自衛隊は文民である首相や防衛大臣によるシビリアン・コントロールに服する大原則に反します。もちろん、民間人が基地外の、公式行事でない場所で自由に発言するのを封じるものではありません。しかし、その大原則をルーズにしていると、戦前の軍国主義の跋扈(ばっこ)による蹉跌(さてつ)を繰り返してしまう恐れがあるのです。

本当は、私はこれを基地内の問題だけにとどめておこうと思ったのですが、自衛隊側の問題意識が本省への迅速な報告になったようです。その判断に異を唱えるものではありませんが、結果、私が狙い打ちにされてしまいました。

事務次官通達は「隊員の政治的中立性の確保について」というものです。市民が市民として菅内閣の政策を批判されるのは自由ですが、そこに隊員を巻き込むかのような動きは、かえって自衛隊の為にもならないと思います。支援者の皆々様に対してお詫びを繰り返しますとともに、関係各位にはご自制をお願い申し上げます。

平成22年11月18日

衆議院議員 松崎哲久

http://matsuzakit.jp/

「総じて新聞報道に名に値しない」と産経新聞を非難してます。
そもそも、何の問題もなければ、なぜ自衛隊員が暴言など吐く必要があったのか。
その辺のことがまったく書かれておらず、自分は悪くないの一点張りの主張。

「民主党議員を片端から悪者に仕立て上げようとの魂胆」ってナンですかぁ?
被害妄想ですか?
松崎なんて議員がいた事も知らなかったけど、それが地元埼玉の議員なんだから、ほんとうに恥ずかしい限りです。
10区と言えば、隣ですしね。
去年のマスゴミの偏向報道で民主が大勝した時に、やっと当選できた(それまでずっと落選)ような議員が、何様のつもりなんでしょうね。
次の選挙では絶対、コイツを落選させなければ。って、もう落選確実かぁ~~。

こんな事書いたら、私も政治的発言は控えろって言われちゃうようになるのかなー。
スポンサーサイト

| 民主党 | 14:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011/03/29 23:44 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2011/02/24 23:16 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usuba2007.blog37.fc2.com/tb.php/219-33d8525d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。