うすば蜻蛉日記

正しい歴史認識を持って日本人の誇りを取り戻しましょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

尖閣ビデオ流出問題 海保職員名乗りでる

佐々淳行氏が尖閣ビデオを流出させた人は堂々と自首をして、その意図を公に述べられればいいだろうと述べていた。
今日になって、第五管区の職員が自ら名乗りでたというニュースが飛び込んできた。


海保職員「流出に関与した」自ら名乗り出る 尖閣ビデオ流出産経新聞11月10日(水)12時8分

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を撮影したビデオ映像がインターネット上に流出した事件で、第5管区海上保安本部(神戸市中央区)の男性海上保安官が「自分が映像を流出させた」と上司に名乗り出ていたことが10日、分かった。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1110/san_101110_5112996324.html

前の記事次の記事[.]海保職員「自分が流出」=投稿元は神戸・漫画喫茶—ビデオ映像流出
時事通信11月10日(水)13時55分

 中国漁船衝突の映像を送信したとみられる漫画喫茶。第5管区海上保安本部神戸海上保安部所属の職員が映像流失への関与を認めた(10日午前、神戸市内(一部、画像を処理しています)

 中国漁船衝突のビデオ映像流出事件で、神戸海上保安部(神戸市)の40代男性職員が航行中の船上で、上司に「自分が映像記録を流出させた」と説明したことが10日、分かった。映像が神戸市内の漫画喫茶から投稿されたことも判明した。
 関係当局は説明に信ぴょう性があるとみており、警視庁捜査1課は国家公務員法(守秘義務)違反容疑などで事情聴取。捜査当局は容疑が固まり次第、逮捕する方向で検討に入った。
 鈴木久泰海上保安庁長官は衆院予算委員会で、職員は巡視艇乗組員であり、航行中だったが、神戸の海保庁舎内に戻ったとの趣旨の説明をした。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1110/jj_101110_2593506488.html

警視庁捜査1課は10日、国家公務員法(守秘義務)違反容疑などで逮捕する方針を固めた。




政府が必死に犯人探しをしていましたが、本人(らしき)人物が名乗りでてしまいましたね。
今日の国会答弁で、仙谷はビデオ公開について、いまだ拒否を続けています。
国民はあきれ果てていますよ、内閣健忘長官殿。

産経新聞記者の阿比留瑠比さんのブログから引用します。
(引用ここから。太字はそのまま。赤字は管理人)
11月9日
さて、本日も中国漁船衝突事件のビデオ映像公開問題について取り上げます。仙谷由人官房長官は昨日の記者会見で、映像が流出して以降、海上保安庁に激励の電話が相次いでいることについて次のように不快感を示しました。

 「公開して『よくやった』というのか。犯罪行為を称揚することで、そういう気分は日本国中に少々あるかも分からないが、同意はしない」

 仙谷氏は、国会で答弁した通り、ビデオ映像を地検か所轄の警察署の倉庫に眠らせておきたかったわけでしょうから、そういう感想になるのでしょう。また、菅直人首相は昨日の衆院予算委員会で流出について「政府としては管理不行き届きだった。おわびしたい」と陳謝しました。

でも、世間は必ずしもそうは考えていませんね。どうせおわびするのなら、「ビデオを隠蔽してきてごめんなさい」と言ってほしいという国民の方が多いのではないでしょうか。そもそも、隠すような内容だったのか。国民の知る権利を軽視していたのではないか。
そこで、9日付の在京各紙から、関連する記事とコメントを拾って、少し愚考してみたいと思います。

 まず、拓殖大の遠藤浩一教授は産経新聞でこう指摘しています。

 「領土にかかわる問題なのだから、政府がこざかしい逃げ道をつくるたぐいのものではない。映像の公開は制限するものだったのか。菅内閣は、中国が行っているような統制をやっている」

 この点については、毎日新聞の社説も次のような記しています。

 「衝突時のビデオはそもそも、国家機密として『守るべき情報ではない』(渡辺喜美みんなの党代表)との指摘もある。そうでないと言うのなら、政府はその理由を説得力をもって説明すべきだ」

 これは重要な視点ですね。この流出問題に関しては、検察当局が国家公務員法違反容疑で捜査に乗り出したわけですが、そもそもビデオ映像は守秘義務の対象となるのかどうかという疑問が示されたわけです。

 これに関し、今朝の各紙には次のような記述がありました。

 「最高裁は1978年、守秘義務の対象は、形式的な秘密指定の有無で決まるのではなく、『実質的に秘密として保護に値する』かどうかで決まると判断した」(朝日)

 「国家公務員法の守秘義務違反で刑事責任を問うには『部外秘』などと形式的に秘密扱いされていただけでは不十分で、保護するのに値する実質的な内容がなければならない、という説が有力だ」(日経)

 「流出直前には一部国会議員にも限定公開されており、最高検幹部は『(容疑者が起訴され)裁判になったら、映像の秘密性が争いになるだろう』と話す」(日経)

 「流出させた人物を特定しても、映像が国家公務員法で漏えいが禁止されている『職務上知ることのできた秘密』かどうか、『公判で議論となる余地はある』(検察幹部)という」(東京)

 「元毎日新聞記者の西山太吉氏らが外交文書の公開を求めていた訴訟で、今年四月の一審東京地裁は『国民の知る権利をないがしろにした』と外務省を批判、原告勝訴の判決を言い渡した」(東京

 …こうした一連の指摘を読んでみると、あるいは容疑者が逮捕され、裁判になったとしても、必ずしも有罪になるとは決まっていないようですね。行政処分の対象であることは当然だとしても、仙谷氏が「犯罪行為」と言い切ったの適当なのかどうか。もし無罪判決が出たら、政府は大恥をかくことになります(まあ、そのときにはもう菅政権ではないでしょうが)。

国民の素直な気持ちは、政府が知る権利を無視して隠してきた映像を白日の下にさらしてくれた人物を、なじるよりも称賛したい部分が大きいでしょうし、菅政権の隠蔽体質にはイライラさせられていますしね。

 この問題について、きょうのみんなの党の役員会で、渡辺氏が再び次のようなあいさつをしています。

《尖閣ビデオの犯人捜しが行われている。これも本末転倒の話だ。大変だ、犯人捜せということになっているが、そもそもこのテープは、国家機密漏洩罪を科して守るに値する国家機密なのかということを問いたい。そういう秘密性、いわゆる実質秘といわれるような秘密性は全くないと私は思う。
犯人捜しをやって、恥の上塗りをやることはやめた方がいい。仮に流出した人が見つかったとする。彼は英雄になりますよ。民主党のためにも、こういう愚かなことはすぐやめるように申し上げておきたい》

とは言っても、もう捜査が始まっているので今さらストップは無理でしょうね。自業自得ですが、菅政権はすでに負のスパイラルに陥ってしまっているので、もう何をやっても裏目に出るだけでしょう。今回のように中途半端にあがけばあがくほど、深みにはまっていくだろうと。

 正確な日時は知りませんが、今週末にも発表されるであろう時事通信の世論調査では、おそらく内閣支持率は20%台でしょう。昨日のNHKでは31%でしたが、3割を切ると政権は非常に苦しくなります。鳩山内閣は、支持率が2割前後まで落ち込んだ時点で瓦解しました。

 菅首相は昨日、「どこまで頑張りきれるか分からないが、物事が進んでいる限りは石にかじりついても頑張りたい」と述べました。この言葉の中で私は、「どこまで頑張りきれるか分からないが」という部分に菅首相の本音、苦しい胸の内が表れているように思いました。

 仙谷氏の言動からも、日々、軌道を外れさまよい、血迷っている様子がうかがえますし、この政権はもう長くないだろうなと感じています。菅首相が言うようには、もう「物事は進んでいる」ということはなくなるでしょう。まあ、みんな自分たちが招いた事態であり、自分自身で掘った墓穴なわけですが。

11月10日
 前回のエントリの続きというか、単なる思いつきのエントリです。昨日の衆院予算委員会で、みんなの党の柿沢未途氏が、中国船衝突事件のビデオ映像流出について、「犯人だという人を摘発したら、その人は英雄になってしまう」と指摘(渡辺喜美代表と同じ言い回しですね)したところ、仙谷由人官房長官は語気を強めてこう反論しました。

「逮捕された人が英雄になる、そんな風潮があっては絶対にいけない。映像を故意に流したことを褒めそやし、良いことのごとくに言うのは不本意だ。そんな日本社会であってはならない」

 なるほど一見もっともですが、逮捕された中国人船長が超法規的に釈放され、事実上、不起訴も決まっていることを思うと、なんだか白々しく感じます。中国人船長は両手でピースサインをして帰国し、中国では英雄扱いされていますし、仙谷氏が同じセリフを中国にも言えるのなら、私も聞く耳を持たないでもないですが(鳩山由紀夫前首相風に)。
(引用ここまで)

阿比留瑠比さんのお話は痛快ですねー。
産経新聞は仙谷に嫌われてますから、最近ますます痛烈に政府批判してますしね。
頑張って欲しいものです。

海保の皆さんに、エールを送りませんか?
http://www.kaiho.mlit.go.jp/

怒りの声はこちらへ↓
回線パンクしないと分からないのかしら~

国民の声も募集中だそうです
【国民の声担当室】
03-5501-2277
http://www.cao.go.jp/sasshin/kokumin_koe/uketsuke.html
内閣官房内閣総務官室

〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1 TEL.03-5253-2111(代表)


(↑マイフレンドさんの力作)
スポンサーサイト

| 尖閣問題 | 14:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: NoTitle

> http://usuba2007.blog37.fc2.com/blog-entry-187.html
> はじめまして。
> こちらを読ませていただきました。
> 大まかな話は見聞きしていましたが、
> 詳しい事は初めて知りました。

猛虎の友さん
大変なことですよね。
毎日頭の痛い話題だらけですし。

| みぃ | 2010/11/11 08:55 | URL |

NoTitle

http://usuba2007.blog37.fc2.com/blog-entry-187.html
はじめまして。
こちらを読ませていただきました。
大まかな話は見聞きしていましたが、
詳しい事は初めて知りました。

| 猛虎の友 | 2010/11/11 00:04 | URL |

Re: NoTitle

> 連投すみません。さきほど書き忘れたのですが、貴ブログを私のブログにリンクさせて頂いてよろしいでしょうか? どうぞよろしくお願い致します。

私、勝手にリンクさせて頂いてしまってすみません。
お目汚し程度のものですが、よろしくお願いします。

| みぃ | 2010/11/10 23:14 | URL |

Re: 先日はありがとうございました!

> こんばんは!先日の野音では大変お世話になり、ありがとうございました<(_ _)> 拙ブログを読んで頂いているときき、嬉しくもあり、多少気恥ずかしい気もしました(笑)売国政権を粉砕するまではキチガイブログのままで走りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。今回、デモの場所で同じ思いを共有するかたとお会いできるのは本当に嬉しいことです。またデモでお目にかかれるのを楽しみにしています!!

アリエスさん
こちらこそ、お会いできるとは思ってもいませんでしたので感激しました。有意義な一時をご一緒に過ごせて嬉しく思っております。
またお会いできる機会がありましたらよろしくお願いいたします。

| みぃ | 2010/11/10 23:12 | URL |

NoTitle

連投すみません。さきほど書き忘れたのですが、貴ブログを私のブログにリンクさせて頂いてよろしいでしょうか? どうぞよろしくお願い致します。

| アリエス | 2010/11/10 18:27 | URL | ≫ EDIT

先日はありがとうございました!

こんばんは!先日の野音では大変お世話になり、ありがとうございました<(_ _)> 拙ブログを読んで頂いているときき、嬉しくもあり、多少気恥ずかしい気もしました(笑)売国政権を粉砕するまではキチガイブログのままで走りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。今回、デモの場所で同じ思いを共有するかたとお会いできるのは本当に嬉しいことです。またデモでお目にかかれるのを楽しみにしています!!

| アリエス | 2010/11/10 18:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://usuba2007.blog37.fc2.com/tb.php/209-f24943de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。