うすば蜻蛉日記

正しい歴史認識を持って日本人の誇りを取り戻しましょう

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【時間変更】12/1(水) 首相官邸包囲国民大行進 & 菅内閣倒閣宣言!国民大集会

右欄でもお知らせしてますが、12/1(水) 首相官邸包囲国民大行進 & 菅内閣倒閣宣言!国民大集会の時間が変更になったそうなので「今月のデモ、講演予定」も変更しておきましたが、こちらでも再度お知らせします。

【東京都港区】 12/1(水) 首相官邸包囲国民大行進 & 菅内閣倒閣宣言!国民大集会
民主党(菅)内閣倒閣宣言!12・1 国会・首相官邸包囲 国民大行進・国民大集会


期日:平成22年12月1日(水)

内容:
◆首相官邸包囲 国民大行進
 11時30分 第二議員会館前 集合 ※時間が早まりました! 
  → 議員会館前、首相官邸前での抗議行動
 15時30分頃 終了予定

◆民主党(菅)内閣倒閣宣言!国民大集会
 会場 … ニッショーホール(日本消防会館)
 http://www.nissho.or.jp/nissho-hall/index.html
 (銀座線「虎ノ門」駅 2番・3番出口 徒歩5分 / 日比谷線「神谷町」駅 4番出口 徒歩10分)
 16時30分 開場
 17時30分 開会
 20時30分 終了予定

《登壇予定》 登壇者 続々決定中! [11/22現在]
田母神俊雄、平沼赳夫、衛藤晟一、古屋圭司、稲田朋美、城内実、山田宏、中山成彬、西村眞悟、赤池誠章、薗浦健太郎、梅原克彦、すぎやまこういち、伊藤哲夫、荒木和博、西村幸祐、三輪和雄、永山英樹、松浦芳子、葛城奈海、saya、水島総 ほか 地方議員多数

参加費:
無料

主催:
頑張れ日本!全国行動委員会、草莽全国地方議員の会

ご連絡先:
頑張れ日本!全国行動委員会
http://www.ganbare-nippon.net/
TEL 03-5468-9222
※ チラシ(PDF版)は こちら → http://www.ch-sakura.jp/sakura/overthrowofKancabinet1201_flyer.pdf

尚、当日、頑張れ日本!全国行動委員会・地方支部の総会も開催を予定しております。ご出席の検討を宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

| 日常日記 | 01:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

埼玉の恥 恫喝議員 松崎哲久の醜い言い訳

ご存知の方も多いと思いますが、防衛省は10日付で「隊員の政治的中立性の確保について」という名目で自衛隊施設内での民間人の政治的発言を封じ込めるという言論統制を始めました。

産経ニュースより
「秘密国家」へ?…政府の情報統制着々 民間人にも矛先!? 事務次官通達で批判封じ込め 
2010.11.17 00:30

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を受け、政府の情報統制がジワジワと進んでいる。かつて「政権の基本コンセプトは公開と説明だ」と明言していた仙谷由人官房長官が主導しており、国会中に「厳秘」資料を“盗撮”されたとして写真取材への規制強化にも言及した。そして統制の矛先は民間人にも向けられる。政権は「秘密国家」への道を歩み始めたのか-。(加納宏幸、半沢尚久)

 防衛省は10日付で「隊員の政治的中立性の確保について」と題する中江公人事務次官名の通達を出し、自衛隊施設での民間人による政権批判の封じ込めを求めた。

 きっかけは3日に航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)が開いた航空祭。自衛隊を後援する民間団体「航友会」の会長が招待客約3千人を前に衝突事件での政府の対応を挙げ、「民主党政権は早くつぶれてほしい。皆さんも心の中でそう思っているのではないでしょうか」とあいさつした。

 これを伝え聞いた北沢俊美防衛相が激怒し、事務次官通達を指示したとされる。
(以下、略)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101117/plc1011170031000-n1.htm

そもそもの原因は、民主党議員、松崎哲久が入間の自衛隊基地で来場者への配慮から決められていたルールを無視して車を逆走させてでも自分の目の前に車を持ってこいと、車までのたった30メートルの距離を歩くのを拒否し、自衛隊員に対して「俺を誰だと思っている」などと思い上がりも甚だしい暴言を吐き、我慢の限界を超えた自衛隊員が「二度と来るな」と呟いたところ、自衛隊員の胸倉をつかんだ、という事が発端だと言われています。
この私怨から、松崎議員が防衛省に民間人の政治的発言を封じ込めるよう圧力をかけたのではないかと、国会でも自民党の質疑で指摘されていました。


平成22年11月22日 参院予算委ヒゲの隊長の質疑です


そして、問題の松ジャギですが、公式HPのトップページで以下のような弁明をしています。
赤字は私の判断で強調しました。

産経新聞報道に関して(2010年11月18日)
まず、支援者の方々に、大きなご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。11月18日付の産経新聞の記事をはじめ、いわれなき中傷を受けていますが、全く事実無根だと申し上げておきます。まず7月の納涼祭の件は、基地内の誘導の仕方が不適切だと思いましたので、その旨、指摘したことは事実です。私に対し暴言を吐いた隊員には手も足も触れていません。総じて、新聞報道の名に値しない記事です

産経が「松崎議員自衛官を恫喝」車逆走指示「誰だと思っている」と見出しを掲げているのは、謀略の類の話です。とにかく民主党議員を片端から悪者に仕立て上げようとの魂胆が見え透いていて、仲間の多くからも毅然と対応しろと励まされています。ネットでは隊員が女性だったとのデマまで飛ばされているのです。

私が一方通行の「逆走」を要求したこともありません。だいたい、そこは両面通行の場所でしたから、受付方向に車が通れないと思う方が無理なのです。事情を聞いている時、上官の一人が私の車を誘導してきましたので乗り込みましたが、その際に『二度と来るな』と言われました。さすがにムッとしましたが、挑発に乗ったらダメと分かっていますから、立ち去りました。後日、基地側から謝罪にきましたが、私が謝罪を求めたのではなく、あくまで誘導システムに問題があることを指摘したのです。

私は、むしろ男性隊員の立場を慮って、謝罪に来た上官に、「議員とは思わないで言ったのだろうが、誰であれ市民に対して『二度と来るな』と暴言を吐くのは好ましくない」と言ったものを、当日のことに事実を曲げ、趣旨を全く逆に変えて宣伝されています。が、本筋は11月の話の逆恨みでしょう。

産経は一部しか書きませんが、自衛隊の基地内の公式行事で「みんなで、一刻も早く菅政権をぶっつぶして、昔の自民党政権に戻しましょう」(防衛省の記録)と、隊員を煽動する発言があったのです。これが不適切であるのは論をまちません。

その後に、報告を受けた防衛省も「自衛隊法」等の政治的行為の制限に違反するという認識で事務次官通達を出しましたが、自衛隊員に倒閣を煽動するのは、自衛隊は文民である首相や防衛大臣によるシビリアン・コントロールに服する大原則に反します。もちろん、民間人が基地外の、公式行事でない場所で自由に発言するのを封じるものではありません。しかし、その大原則をルーズにしていると、戦前の軍国主義の跋扈(ばっこ)による蹉跌(さてつ)を繰り返してしまう恐れがあるのです。

本当は、私はこれを基地内の問題だけにとどめておこうと思ったのですが、自衛隊側の問題意識が本省への迅速な報告になったようです。その判断に異を唱えるものではありませんが、結果、私が狙い打ちにされてしまいました。

事務次官通達は「隊員の政治的中立性の確保について」というものです。市民が市民として菅内閣の政策を批判されるのは自由ですが、そこに隊員を巻き込むかのような動きは、かえって自衛隊の為にもならないと思います。支援者の皆々様に対してお詫びを繰り返しますとともに、関係各位にはご自制をお願い申し上げます。

平成22年11月18日

衆議院議員 松崎哲久

http://matsuzakit.jp/

「総じて新聞報道に名に値しない」と産経新聞を非難してます。
そもそも、何の問題もなければ、なぜ自衛隊員が暴言など吐く必要があったのか。
その辺のことがまったく書かれておらず、自分は悪くないの一点張りの主張。

「民主党議員を片端から悪者に仕立て上げようとの魂胆」ってナンですかぁ?
被害妄想ですか?
松崎なんて議員がいた事も知らなかったけど、それが地元埼玉の議員なんだから、ほんとうに恥ずかしい限りです。
10区と言えば、隣ですしね。
去年のマスゴミの偏向報道で民主が大勝した時に、やっと当選できた(それまでずっと落選)ような議員が、何様のつもりなんでしょうね。
次の選挙では絶対、コイツを落選させなければ。って、もう落選確実かぁ~~。

こんな事書いたら、私も政治的発言は控えろって言われちゃうようになるのかなー。

| 民主党 | 14:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝!柳田辞任 解散はいつ~?

バカの集まり、民主党。やっと柳田が辞めますね。
人材なんてないんだから
さっさと解散総選挙にして欲しいものですが。

12月1日の首相官邸デモがますます楽しみになって参りました。
昨日のポスティングでかなり足腰にきているワタクシですが
民主党の息の根を止めるまでは、老体に鞭打って頑張ります。

民主党の迷言、失言をまとめた動画です。↓




気持ちの悪いモノをお見せしてすみません。
お口直しにこちらをどうぞ。↓


| 民主党 | 12:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国士 西村慎吾さんのメルマガから 大阪デモの様子など

今日はmy日本のポスティング部の女性たちと三人で埼玉でポスティングしてきました。
大体、4時間くらい行っていたと思いますが、合計で約7000枚のチラシをポスしてきました。
さすがに疲れました・・・(´ヘ`;)

また手抜き記事で申し訳ありませんけど、西村慎吾さんのメールマガジンに昨日の大阪でのデモの様子が書かれていましたのでまるっと転載させて頂きます。
私はニコ生で応援していましたが、すごい人でしたねー。
大阪も熱く燃えております。

御堂筋のデモと難波の集会、草莽崛起
No.572 平成22年11月21日(日)

昨日、十一月二十日、尖閣諸島で侵略の本性を現した中国と、その中国に服従し屈服した菅・民主党内閣への抗議デモと集会を行った。参加者は約三千三百名だった。
デモと集会で日の丸の旗が林立し、その数五百本ほど。
御堂筋と難波で、これほどの数の日の丸が打ち振られるのは、戦後初めてではないか。

今まで街頭デモは、左翼の専売特許だった。その左翼運動は、退潮した。そして、今は昨日のように、日の丸のデモに国民が集まり参加する。何故か。その訳は、我が国に本格的な左翼政権が誕生しているからである。
街頭における左翼運動は退潮した。しかし、左翼は身を隠して彼らの言う「ブルジョア組織」のなかに入り込み、学校の教育内容を支配し、各自治体の行政の末端に影響を及ぼし、遂に内閣を組織したのだ。これが、菅・仙石内閣である。
彼らは、街頭運動はせずに正体を隠して、日本国民を誤魔化している。正体を隠すことによってのし上がるのに成功した。
従って、菅内閣の支持率の推移で明らかなように、国民は当初は知らずに左翼を歓迎していた。
しかし、はじめから正体を見抜いてそれにふさわしい手を打ってきたものがいる。それが、中国共産党であり、中国の動きに追随するロシアである。
そして、菅・仙石は、見事にその正体にふさわしい対応をした。それが、この度仕掛けられた尖閣諸島における事態である。
先日の横浜APECにおける菅の胡錦涛の前でのメモを見るおどおどした態度が明らかにしているのは、菅が胡錦涛の手下であるということである。

今一度、今や記憶から遠ざかっているコミンテルンという組織を思い起こしてほしい。このコミンテルンは、国際共産主義運動のことでありソビエトにより結成され中国共産党が権力を握る司令塔となった。そして、今も、中国共産党の戦略と行動パターンのなかに生きている。
もちろん我が国においても、コミンテルンの指令の下に数々の事態が生じ、菅・仙石の学生時代は、大学はコミンテルンに支配されていた。その中で、左翼となったのが今の総理と官房長官である。そののし上がる課程は、コミンテルンの指令通りだ。つまり「ブルジョア組織」を利用して「ブルジョア組織」を支配するにいたった。
そこで、西の大陸側に今も生きているコミンテルンの本山からみれば、彼らはどう位置づけられるのか。それは、明らかに、自分たちの指令の通りに動いてきた者達つまり自分たちの手下である。

中国は、菅・仙石を自分たち中国共産党の手下とみている。これが、尖閣諸島への露骨な侵略と傲慢無礼な対応となって表れている。そして、菅・仙石も中国が見抜いた通り、中国の手下としての対応をしている。
それを示す映像が、APECで、胡錦涛の前で下を向いてメモを見る菅の姿である。また、手下であることを示す所業が、海上保安庁の撮影した尖閣諸島の映像を国民に隠した上での船長釈放である。

そこで、昨日の御堂筋デモと難波での集会に戻るが、集まった国民が抗議し非難する対象は、単に中国の尖閣侵略のみではなく、その中国の手下であることが明らかになった菅・仙石民主党内閣そのものに広がった。
敵は、中国共産党とその傘下の菅・仙石民主党内閣である。
このことを明確にしたのが、昨日の御堂筋と難波である。

難波での日没後の集会を閉じるにあたり、集う二千人近い方々が、街宣車の上に掲げられた日の丸を眺めて国歌「君が代」を斉唱した。そして、東の皇居の方向を向いて「天皇陛下万歳」を三唱した。東の空のビルの上に煌々たる月があった。
解散後に立ち去りがたくまだ街頭に残る若い人々から口々に、国歌の斉唱と天皇陛下万歳は、よかったです、涙がでました、と言われた。まことに、うれしかった。

ここに、デモと集会に参加された皆さんと、頑張れ日本・全国行動委員会のスタッフとして縁の下でのサポートに徹して下さった皆さんに、心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
時代は変わるが、今、変えているのは皆さんだ!
これが、即ち、草莽崛起による日本再興!


西村慎吾さんのHPはこちらhttp://www.n-shingo.com/

| 尖閣問題 | 11:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【デモのお知らせ】すんばらしいデモが12月1日に行われます!

ついに!国会議員も登壇の倒閣デモが行われます。わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

都合のつく方は、ぜひぜひご参加を!

日本の夜明けは近いぜよ!!!

首相官邸包囲国民大行進 & 菅内閣倒閣宣言!国民大集会
12・1 首相官邸包囲国民大行進 & 菅内閣倒閣宣言!国民大集会


期日:
平成22年12月1日(水)

内容:
◆首相官邸包囲 国民大行進
 13時00分 第二議員会館前 集合
         → 議員会館前、首相官邸前での抗議行動
 15時30分頃 終了予定

◆菅内閣倒閣宣言!国民大集会
 会場 … ニッショーホール(日本消防会館)
 http://www.nissho.or.jp/nissho-hall/index.html
 (銀座線「虎ノ門」駅 2番・3番出口 徒歩5分 / 日比谷線「神谷町」駅 4番出口 徒歩10分)
 16時30分 開場
 17時30分 開会
 20時30分 終了予定

《登壇予定》 登壇者 続々決定中! [11/19現在]
田母神俊雄、平沼赳夫、衛藤晟一、古屋圭司、稲田朋美、城内実、山田宏、中山成彬、西村眞悟、赤池誠章、薗浦健太郎、すぎやまこういち、伊藤哲夫、荒木和博、三輪和雄、永山英樹、松浦芳子、葛城奈海、水島総 ほか 地方議員多数

参加費:
無料

主催:
頑張れ日本!全国行動委員会、草莽全国地方議員の会

ご連絡先:
頑張れ日本!全国行動委員会
http://www.ganbare-nippon.net/
TEL 03-5468-9222
※ チラシ(PDF版)は こちら → http://www.ch-sakura.jp/sakura/overthrowofKancabinet1201_flyer.pdf

尚、当日、頑張れ日本!全国行動委員会・地方支部の総会も開催を予定しております。ご出席の検討を宜しくお願い致します。

銭獄内閣をぶっ潰せーーー!

≫ Read More

| デモ・講演会予定 | 02:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【講演会のお知らせ】荒谷卓 元1等陸佐 特別講演会

右欄の更新がなかなかできず申し訳ありません。
講演会の連絡が入りましたのでお知らせします。



荒谷卓 元1等陸佐 特別講演会
「戦後防衛政策の歩み-日本の防衛はなぜ機能しないのか」


尖閣諸島での中国漁船の衝突事件以降、防衛問題への関心が強まっている。
戦後の日本の防衛政策にどんな問題があったのか?
日本版グリーンベレー・デルタフォースと言われる
陸上自衛隊 特殊作戦群初代群長の荒谷 卓元1等陸佐より、
その想いを実体験に基づいてお話いただきます。

荒谷 卓 先生
明治神宮至誠館館長、元特殊作戦群 初代群長
昭和34年 秋田県生まれ。東京理科大学から陸上自衛隊に入隊。
第1空挺団、陸幕防衛部、2002年アメリカ特殊作戦センター&スクールに留学後、
2004年陸上自衛隊特殊作戦群の創設とともに初代群長に就任。
2008年1等陸佐で退官。
2008年9月より明治神宮至誠館の専任師範を務め、2009年第3代館長に就任。
著書は『戦う者たちへ(並木書房)』


【日 時】
平成22年11月23日(火・祝日)18時10分~20時30分(開場:18時)

【会 場】
文京シビック5F 5階会議室C(文京シビックセンター内)
東京都文京区春日1-16-21  03-3812-7111
交通:東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分
都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分

【参加費】
1000円 (事前申込の女性・学生500円)

【懇親会】
20時40分~23時  *会場の都合により、先着25名とさせて頂きます。
参加費:事前申込3500円 (事前申込の女性・学生3000円)
当日申込4000円 (当日申込の女性・学生3500円)

【申込先】
11月22日までにメールまたはFAXにて(当日受付も可)
(懇親会は11月21日 23時迄)
会場の定員が70名につき、先着順とさせて頂きます

★当日は混乱が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★


【主 催】
士気の集い・青年部 千田宛て http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting
TEL 090-3450-1951 FAX 03-5682-0018
E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp


【次回講演会予定】
12月11日(土)   『尖閣諸島が危ない』(予定)
1月15日(土)午後  黄文雄先生 3時間特別講演会『尖閣諸島』

| デモ・講演会予定 | 00:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

柳田さん とっととお辞め下さい

馬鹿だ、馬鹿だとは思っていたけれど、ここまで馬鹿だったとはね。
柳田法務大臣のことですが。

まずは、産経ニュースから。

「2つ覚えておけばいい」 柳田法相の14日発言要旨2010.11.17 20:13

柳田稔法相が14日に広島市で開いた国政報告会での発言要旨は次の通り。

法相はいいですね。(国会答弁では)2つ覚えておけばいいんですから。
「個別の事案についてはお答えを差し控えます」。
これはいい文句ですよ。これがいいんです。分からなかったらこれを言う。
だいぶ(この答弁で)切り抜けてまいりましたけど、実際の話、しゃべれない。
あとは「法と証拠に基づいて適切にやっております」。まあ何回使ったことか。
使うたびに野党からは攻められる。「政治家としての答えじゃないじゃないか」とさんざん怒られている。
ただ法相が法を犯してしゃべることはできないという当たり前の話です。
「法を守って私は答弁しています」と言ったら「そんな答弁はけしからん。政治家だからもっとしゃべれ」と言われる。そうは言ってもしゃべれないものはしゃべれない。



関テレ、アンカーでは、上の記事にはない部分も放送されていましたので発言部分を書き起こします。

何で柳田さんが法務大臣?と(周囲の人は)理解に苦しんでいるんじゃないかと思うんですが一番理解できなかったの私です。

私はこの20年近い間、実は法務関係は一回も触れたことがないんです。


確か、別の番組(ニュース)では、こんな発言もしていました。

事務所に戻ると、皆ほっとした顔をしているんです。

今日は失敗しなくて良かったな、と。


アンタ、仮にも大臣ですよね?
まるで小学生が参観日にちゃんと発表できて親がほっとしていましたみたいな事を、支持者の前で自慢気に言うってどういう神経してるの?
真性の馬鹿だわ。。

野党から散々、その問題発言で責められた当日も「個別の案件については…」って言ってるし。
だめだこりゃ。


↑柳田はだたの馬鹿なので入ってません。




| 民主党 | 01:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気になるニュース 「「秘密国家」へ?…政府の情報統制着々」ほか

気になるニュースをいくつか紹介します。

 「秘密国家」へ?…政府の情報統制着々 民間人にも矛先!? 事務次官通達で批判封じ込め
2010.11.17 産経ニュースより

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を受け、政府の情報統制がジワジワと進んでいる。かつて「政権の基本コンセプトは公開と説明だ」と明言していた仙谷由人官房長官が主導しており、国会中に「厳秘」資料を“盗撮”されたとして写真取材への規制強化にも言及した。そして統制の矛先は民間人にも向けられる。政権は「秘密国家」への道を歩み始めたのか-。(加納宏幸、半沢尚久)
記事の続きは、下のアドレスからどうぞ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101117/plc1011170031000-n1.htm

仙谷は、まるでナチスドイツのような独裁制を敷きたいようです。
早くこいつらを政権の座から叩き落とさないと、恐怖政治が始まります。

産経新聞は、最近とみに菅政権に対する批判を強めていますね。
タイトルからして痛快です。

へそが茶を沸かす 仙谷氏の詭弁と独善
2010.11.12
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101112/plc1011122341025-n1.htm

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をきっかけに仙谷由人官房長官の詭弁(きべん)と独善に磨きがかかってきた。事件に関する「厳秘」資料を不用意に広げて衆院第1委員室で撮影されると、正当な取材活動を「盗撮」呼ばわりした揚げ句、今度は写真取材の規制強化に意気込むとは、呆れてモノも言えない。

 「由々しき事件だ。徹底的に調べていただかないといけない。私の刑事事件経験を含めた常識からいっても、その広さと深さの想像がつかない…」

 仙谷氏は10日、ビデオ映像流出を認めた海上保安官に対し、逮捕もされていないのにこう決めつけ、その悪質性を強調した。

 さすが「健忘症」を自認するだけのことはある。民主党の小沢一郎元代表の強制起訴が決まった10月4日、「起訴されても有罪判決が確定するまでは被告人は推定無罪の立場だ。その原則だけは考えなければならない」と説いたことをすっかりお忘れのようだ。

 仙谷氏は、映像流出の責任論が海保を所管する馬淵澄夫国土交通相に向かうと突如として「政治職と執行職のトップは責任のあり方が違う」と珍妙なロジックを持ち出した。

 要は鈴木久泰海保長官に責任はあるが、馬淵氏の責任はないと言いたいらしい。だが、そもそも「政治職」「執行職」という法令上の区分は存在しない。

 「仙谷氏の造語ですね。馬淵氏を辞任させたら、次は追及の矛先が自分に向かうのがイヤなんでしょう」

 ある人事院幹部はこうささやいた。成果は政治家が独り占め。失敗はすべて官僚の責任。これが民主党の唱える「政治主導」であることを官僚たちはすでに見透かしている。

 誰彼かまわずかみつく「癖」も相変わらず直らない。映像流出事件で、学識経験者らが流出映像は「秘密」に当たらず、国家公務員法(守秘義務)違反に問えない可能性を指摘したことを受け、仙谷氏はこう反発した。

 「その種のことを言っている学者とおぼしき方がいるが、ちゃんとした論文に書けと言ったら、そんなことは書かないと思う」

 焦りの表れなのかもしれないが、弁護士歴を誇り、かねて法律の蘊蓄(うんちく)を語ってきた割に、この反論の論理性は乏しい。

 とんちんかんなのは仙谷氏だけではない。菅直人首相は保安官が名乗り出た10日夜、慌てて各省庁の事務次官を首相官邸に集め、再発防止の徹底を訴えた。

 「事務次官会議の廃止」を民主党政権の功績だと誇ってきたのは首相ではなかったのか。「へそが茶を沸かす」という言葉があるが、笑えない喜劇に付き合わされるのはもっと辛い。(阿比留瑠比)


野党の時は、散々自民党に対して行っていた批判がすべてブーメランになってますね。
支持率が30%を切っても、政権の座に居座り続けたいようですが、国民はたまったものではありません。
「国民の生活が第一」と言っていたのをお忘れでしょうか?
民主党が消えてくれる事が国民の生活のためになると思いますが、いかがでしょう。

民主党の弱腰(柳腰?)外交のおかげでロシアまで「2島返還も拒否」(産経新聞8面)などと言い出す始末。
自民党のホープ、齋藤健さんが国会で言っていたように
内政のミスは政権が変われば取り戻せるが、外交のミスは取り戻せない」のです。

腰痛のほうもなんとか回復してきたので、民主党を打倒するまでポスティング、デモなどおばちゃん頑張りまっせー!!


今日のおまけ
http://yutori2ch.blog67.fc2.com/blog-entry-2053.html

| 気になるニュース | 01:18 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頑張れ!海上保安庁 署名のお願い

影の総理とも言われている仙谷健忘長官は、どうしてもビデオを流出させた海保職員の方を罪人に仕立てあげたいようですが、海上保安庁では様々な活動(不審船の取り締まりなども含め)をHPで公開していました。
本来なら、中国の尖閣諸島領海侵犯も普通に海保のHPで報告されてしかるべき事件でした。

海上保安庁の活動を紹介している動画を見つけましたので紹介します。



海保のHPはこちら。http://www.kaiho.mlit.go.jp/
海保友の会というのもあります。

警備の鬼と呼ばれ、初代内閣安全保障室長を務められた佐々淳行さんがHPで署名を集めています。ご協力お願いします。

(署名募集の趣旨)
この海上保安官のYou Tubeへの投稿は、国益を思い、使命感にかられて行った行為です。
国家公務員法の規律違反としての減給、戒告等の処分はやむを得ませんが、守秘義務違反による刑事罰を科すことには強く反対します。

私のこの意見に賛同してくださる国民の声を、メール形式の「署名」という形で集めたいと思います。
法的な力はありませんが、私のできる限りのチャンネルを使って関係各所にはたらきかけるつもりです。
そのためには、皆様の「署名」が大変大きな力となります。
http://www.sassaoffice.com/

| 尖閣問題 | 15:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

13日 横浜デモ 行ってきました

更新が遅くなりましたが13日に「頑張れ日本」主催の横浜デモに行ってきました。
私は12時頃に反町公園に着いたのですが、もうかなりの人がきていました。
my日本のチラシを配っていたのですが、次から次へ公園に入ってくる人たち。
国旗を手にしている方も多かったです。

そしてひときわ目を引いたのがこの巨大な国旗です。
やや暗く写ってしまいましたが実際は、ものすごく美しかったんですよ。




当日の様子をわかりやすく編集してある動画です。
今回も沿道から拍手がとても多くて、嬉しかったです。




デモが終わって別の公園(名前わかりません…)で会った素敵な人です。
顔だしOKと言うことで、掲載させて頂きます。





昨日は、my日本の仲間とポスティングをしてきたのですが、リュックと手提げに入れられるだけつめて1時間半ほど、とある街で配ってきました。
解散後、配りきれなかった分のチラシを受け取って帰宅したのですが、カラーチラシってものすごく重いんですよね。
前日のデモですでにかなり足腰にきていたので今朝、起きたら腰がヤバいことになっていました。
ぎっくり腰寸前でございます。。。
根性でご近所にチラシ配り行くつもりですが、そんなわけで今日の更新はあっさりと済まさせて頂きました。

| マツ女のつぶやき@お知らせ | 13:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急ぎお知らせ 頑張れ日本!14日の街頭演説

頑張れ日本 行動委員会さんから連絡がきました。
以下、内容を転載します。
私は13日のデモは参加しますが、14日はチラシ配り(ポスティング)の予定があるので行かれません。
素晴らしい演説が聞ける機会ですので、聞くだけでも行ってみてはいかがでしょうか。

11/14(日)、街宣活動でのお手伝い戴ける方を募集します
 お手伝い戴ける方は 新垣さん 080-1086-0020までご連絡下さい

以下のお知らせは、頑張れ日本!全国行動委員会・神奈川県有志の会代表の新垣様
 の依頼によるものです。 お手伝い戴ける方 宜しくお願い致します。

                             11/9、事務局  三輪

 11.14 アジアに自由と平和を!中国(胡錦濤)のアジアと尖閣諸島侵略糾弾!
            街頭宣伝活動 in 横浜

 ・日時: 平成22年11月14日(日) 12:00~14:30

 ・場所: 横浜駅西口 高島屋前

 ・登壇者:田母神会長、水島幹事長、小山和伸、三輪和雄、永山英樹、小林正、
       富岡幸一郎ほか

    お手伝い戴ける方は 11:00 高島屋前に集合下さい。


 ・主催: 頑張れ日本全国行動委員会、草莽全国地方議員の会、日本李登輝友の会、
       台湾研究フォーラム

 ・連絡先:頑張れ日本!全国行動委員会 TEL:03-5468-9222
 

         http://www.ganbare-nippon.net/

| マツ女のつぶやき@お知らせ | 08:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

尖閣ビデオ流出問題 海保職員名乗りでる

佐々淳行氏が尖閣ビデオを流出させた人は堂々と自首をして、その意図を公に述べられればいいだろうと述べていた。
今日になって、第五管区の職員が自ら名乗りでたというニュースが飛び込んできた。


海保職員「流出に関与した」自ら名乗り出る 尖閣ビデオ流出産経新聞11月10日(水)12時8分

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を撮影したビデオ映像がインターネット上に流出した事件で、第5管区海上保安本部(神戸市中央区)の男性海上保安官が「自分が映像を流出させた」と上司に名乗り出ていたことが10日、分かった。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1110/san_101110_5112996324.html

前の記事次の記事[.]海保職員「自分が流出」=投稿元は神戸・漫画喫茶—ビデオ映像流出
時事通信11月10日(水)13時55分

 中国漁船衝突の映像を送信したとみられる漫画喫茶。第5管区海上保安本部神戸海上保安部所属の職員が映像流失への関与を認めた(10日午前、神戸市内(一部、画像を処理しています)

 中国漁船衝突のビデオ映像流出事件で、神戸海上保安部(神戸市)の40代男性職員が航行中の船上で、上司に「自分が映像記録を流出させた」と説明したことが10日、分かった。映像が神戸市内の漫画喫茶から投稿されたことも判明した。
 関係当局は説明に信ぴょう性があるとみており、警視庁捜査1課は国家公務員法(守秘義務)違反容疑などで事情聴取。捜査当局は容疑が固まり次第、逮捕する方向で検討に入った。
 鈴木久泰海上保安庁長官は衆院予算委員会で、職員は巡視艇乗組員であり、航行中だったが、神戸の海保庁舎内に戻ったとの趣旨の説明をした。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1110/jj_101110_2593506488.html

警視庁捜査1課は10日、国家公務員法(守秘義務)違反容疑などで逮捕する方針を固めた。




政府が必死に犯人探しをしていましたが、本人(らしき)人物が名乗りでてしまいましたね。
今日の国会答弁で、仙谷はビデオ公開について、いまだ拒否を続けています。
国民はあきれ果てていますよ、内閣健忘長官殿。

産経新聞記者の阿比留瑠比さんのブログから引用します。
(引用ここから。太字はそのまま。赤字は管理人)
11月9日
さて、本日も中国漁船衝突事件のビデオ映像公開問題について取り上げます。仙谷由人官房長官は昨日の記者会見で、映像が流出して以降、海上保安庁に激励の電話が相次いでいることについて次のように不快感を示しました。

 「公開して『よくやった』というのか。犯罪行為を称揚することで、そういう気分は日本国中に少々あるかも分からないが、同意はしない」

 仙谷氏は、国会で答弁した通り、ビデオ映像を地検か所轄の警察署の倉庫に眠らせておきたかったわけでしょうから、そういう感想になるのでしょう。また、菅直人首相は昨日の衆院予算委員会で流出について「政府としては管理不行き届きだった。おわびしたい」と陳謝しました。

でも、世間は必ずしもそうは考えていませんね。どうせおわびするのなら、「ビデオを隠蔽してきてごめんなさい」と言ってほしいという国民の方が多いのではないでしょうか。そもそも、隠すような内容だったのか。国民の知る権利を軽視していたのではないか。
そこで、9日付の在京各紙から、関連する記事とコメントを拾って、少し愚考してみたいと思います。

 まず、拓殖大の遠藤浩一教授は産経新聞でこう指摘しています。

 「領土にかかわる問題なのだから、政府がこざかしい逃げ道をつくるたぐいのものではない。映像の公開は制限するものだったのか。菅内閣は、中国が行っているような統制をやっている」

 この点については、毎日新聞の社説も次のような記しています。

 「衝突時のビデオはそもそも、国家機密として『守るべき情報ではない』(渡辺喜美みんなの党代表)との指摘もある。そうでないと言うのなら、政府はその理由を説得力をもって説明すべきだ」

 これは重要な視点ですね。この流出問題に関しては、検察当局が国家公務員法違反容疑で捜査に乗り出したわけですが、そもそもビデオ映像は守秘義務の対象となるのかどうかという疑問が示されたわけです。

 これに関し、今朝の各紙には次のような記述がありました。

 「最高裁は1978年、守秘義務の対象は、形式的な秘密指定の有無で決まるのではなく、『実質的に秘密として保護に値する』かどうかで決まると判断した」(朝日)

 「国家公務員法の守秘義務違反で刑事責任を問うには『部外秘』などと形式的に秘密扱いされていただけでは不十分で、保護するのに値する実質的な内容がなければならない、という説が有力だ」(日経)

 「流出直前には一部国会議員にも限定公開されており、最高検幹部は『(容疑者が起訴され)裁判になったら、映像の秘密性が争いになるだろう』と話す」(日経)

 「流出させた人物を特定しても、映像が国家公務員法で漏えいが禁止されている『職務上知ることのできた秘密』かどうか、『公判で議論となる余地はある』(検察幹部)という」(東京)

 「元毎日新聞記者の西山太吉氏らが外交文書の公開を求めていた訴訟で、今年四月の一審東京地裁は『国民の知る権利をないがしろにした』と外務省を批判、原告勝訴の判決を言い渡した」(東京

 …こうした一連の指摘を読んでみると、あるいは容疑者が逮捕され、裁判になったとしても、必ずしも有罪になるとは決まっていないようですね。行政処分の対象であることは当然だとしても、仙谷氏が「犯罪行為」と言い切ったの適当なのかどうか。もし無罪判決が出たら、政府は大恥をかくことになります(まあ、そのときにはもう菅政権ではないでしょうが)。

国民の素直な気持ちは、政府が知る権利を無視して隠してきた映像を白日の下にさらしてくれた人物を、なじるよりも称賛したい部分が大きいでしょうし、菅政権の隠蔽体質にはイライラさせられていますしね。

 この問題について、きょうのみんなの党の役員会で、渡辺氏が再び次のようなあいさつをしています。

《尖閣ビデオの犯人捜しが行われている。これも本末転倒の話だ。大変だ、犯人捜せということになっているが、そもそもこのテープは、国家機密漏洩罪を科して守るに値する国家機密なのかということを問いたい。そういう秘密性、いわゆる実質秘といわれるような秘密性は全くないと私は思う。
犯人捜しをやって、恥の上塗りをやることはやめた方がいい。仮に流出した人が見つかったとする。彼は英雄になりますよ。民主党のためにも、こういう愚かなことはすぐやめるように申し上げておきたい》

とは言っても、もう捜査が始まっているので今さらストップは無理でしょうね。自業自得ですが、菅政権はすでに負のスパイラルに陥ってしまっているので、もう何をやっても裏目に出るだけでしょう。今回のように中途半端にあがけばあがくほど、深みにはまっていくだろうと。

 正確な日時は知りませんが、今週末にも発表されるであろう時事通信の世論調査では、おそらく内閣支持率は20%台でしょう。昨日のNHKでは31%でしたが、3割を切ると政権は非常に苦しくなります。鳩山内閣は、支持率が2割前後まで落ち込んだ時点で瓦解しました。

 菅首相は昨日、「どこまで頑張りきれるか分からないが、物事が進んでいる限りは石にかじりついても頑張りたい」と述べました。この言葉の中で私は、「どこまで頑張りきれるか分からないが」という部分に菅首相の本音、苦しい胸の内が表れているように思いました。

 仙谷氏の言動からも、日々、軌道を外れさまよい、血迷っている様子がうかがえますし、この政権はもう長くないだろうなと感じています。菅首相が言うようには、もう「物事は進んでいる」ということはなくなるでしょう。まあ、みんな自分たちが招いた事態であり、自分自身で掘った墓穴なわけですが。

11月10日
 前回のエントリの続きというか、単なる思いつきのエントリです。昨日の衆院予算委員会で、みんなの党の柿沢未途氏が、中国船衝突事件のビデオ映像流出について、「犯人だという人を摘発したら、その人は英雄になってしまう」と指摘(渡辺喜美代表と同じ言い回しですね)したところ、仙谷由人官房長官は語気を強めてこう反論しました。

「逮捕された人が英雄になる、そんな風潮があっては絶対にいけない。映像を故意に流したことを褒めそやし、良いことのごとくに言うのは不本意だ。そんな日本社会であってはならない」

 なるほど一見もっともですが、逮捕された中国人船長が超法規的に釈放され、事実上、不起訴も決まっていることを思うと、なんだか白々しく感じます。中国人船長は両手でピースサインをして帰国し、中国では英雄扱いされていますし、仙谷氏が同じセリフを中国にも言えるのなら、私も聞く耳を持たないでもないですが(鳩山由紀夫前首相風に)。
(引用ここまで)

阿比留瑠比さんのお話は痛快ですねー。
産経新聞は仙谷に嫌われてますから、最近ますます痛烈に政府批判してますしね。
頑張って欲しいものです。

海保の皆さんに、エールを送りませんか?
http://www.kaiho.mlit.go.jp/

怒りの声はこちらへ↓
回線パンクしないと分からないのかしら~

国民の声も募集中だそうです
【国民の声担当室】
03-5501-2277
http://www.cao.go.jp/sasshin/kokumin_koe/uketsuke.html
内閣官房内閣総務官室

〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1 TEL.03-5253-2111(代表)


(↑マイフレンドさんの力作)

| 尖閣問題 | 14:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野党時代の空き缶スッカラカンの国会質疑

衆議院予算委員会が行われているが、ニコ生を見ていて苛々しっぱなしだ。
バ缶の答弁を見る(聞く)のは拷問に近いけど我慢してみている。
誰が見ても、これが一国の首相とは思えない稚拙な答弁。
はぁ。。。
と、思っていたらニコ動でこんな動画を見つけた。

動画のコメントから

質問者は民主党の菅直人氏。「政権与党は示した数字に責任を持たなくてはならない」ということを理解できません(おそらく現在でも)。2008年10月7日衆議院予算委員会での1コマ。法律で決定した事項を具体的に実施するための財源を国会で検討すること、政権与党はきちんとした財源を示さなくてはならないこと、矛盾が多い案が財源を示せと批判され議論の俎上にも上らないことは、それぞれ当然です。にもかかわらず、的外れな言いがかりをつけています。麻生首相登場8:10中川大臣登場9:18となっております



あー!!!無知だった自分を深く恥じ入っています。
後3年もこの政権が続くのなら、去年ミンスに投票したことを腹掻っ捌いてお詫びしたいくらいです。
もうマスコミなんて絶対信じないぞ。
ミンスなんかに二度と投票しないぞ。
孫子の代まで言い伝えるぞ。

「歴史が評価してくれる」だとぉ!?
有史以来の最悪内閣としてだよね?

| 民主党 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月6日 日比谷デモ 有楽町街宣 参加しました



写真は花うさぎさんのブログからお借りしました。http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1879706/

昨日のデモが3回目のデモ参加となりました。
野外音楽堂へついた時にはもうすでに満員に近い状態でした。
国旗を持っている人も多く見受けられ、いつもならが日の丸は美しいと思います。

登壇者は次の方々でした。田母神俊雄、小池百合子、山田宏、西村眞悟、ペマ・ギャルポ、イリハム・マハムティ、黄文雄、黄敏慧、ダイチン、鳴霞、アウ・ミ・ジュン、萩生田光一、赤池誠章、馬渡龍治、林潤、土屋たかゆき、西尾幹二、加瀬英明、飯塚繁雄、西岡 力、三浦小太郎、殿岡昭郎、山際澄夫、西村幸祐、Saya、英霊来世、松浦芳子、三輪和雄、柚原正敬、永山英樹、高清水有子、水島総、ほか 北朝鮮脱北者、インドネシア、バングラディシュ 等々アジア各国登壇、地方議員多数。

今回、自民党の小池百合子さんが参加された事は、この集まりが特定の右翼団体のデモなどとマスコミは言えなくなったという点でも良かったのではないかと思います。
また、シナに侵略を受けている南モンゴルやチベット、ウイグルの方々のお話を聞くことができた事も勉強になりました。まだまだ知られていない現実があるのですね。

こちらはsayaさんが歌う「蛍の光」フルバージョンです。感動しました。
このような素晴らしい歌を教えない学校教育はやはり間違っています。



話が少し戻りますが、会場入口で村田春樹さんをお見かけして声をかけさせて頂きました。
一緒に行った友達が「村田さんがいる!声をかけてみない?」という事で初対面ながらお声をかけさせて頂いたのですが、ご自宅がうちから近い事を知って驚きました。
「そちらの地区でもチラシを配ったことあります」と言うと
「そうなの!?頑張ってくれている人がいて嬉しいね」と仰って頂いて名刺まで頂きました。
とても優しそうな素敵な方でした。(お花畑の名残でミーハーでございます)

いつも拝見しているアリエスの雑記帳(キ印良品)のブログ主さんに友達のおかげでお会いできて、街宣終了後は一緒にご飯を食べてきました。
家に引きこもっていただけだったら、絶対に会えるはずもない人たちと会うことができて、そして国を思う気持ちも共有できる事、ほんとうに嬉しい事ですし、勇気をもらえます。

デモの内容は色々な方が書いておられるのであまり触れませんが、行進中に歩道から拍手をもらったり、横を走っていたトラックの窓が開いておじさんが「がんばれ!」と声をかけてくれたりと、嬉しい事が今回もありました。

前々回の渋谷デモの時は、街宣は途中で疲れて帰ってきてしまったのですが、今回はデモの後、有楽町まで行って最後まで聞いてきました。
私は第8梯団にいたので、有楽町に着いた時にはすでに街頭演説は始まっていましたが、ものすごい人だかりでした。デモからそのまま参加した方も多かったと思いますが足を止めて聞いてくれていた人も多いのではないかと思います。

携帯で写したのでぼんやりしてますが有楽町での街頭演説の様子です。


最後に、君が代を斉唱し、水島社長の音頭で万歳三唱をしました。
日本人ってなんて素敵なんだろう!!
そう改めて思った一日でした。

追記;明日のTVタックルは見逃せません!
たけし&麻生、安倍元首相2人が尖閣問題バッサリ
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/101106/med1011060640000-n1.htm

| 日常日記 | 23:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝!ビデオ流出 『アニオタ保守本流』の古谷経衡さん 本日ニコ生に登場!

夕べは、寝ようと思っていたらツイッターで尖閣のビデオが流出したと祭り状態になっていてびっくりしてyouTubeを見たら、ほんとうにありました。
衝突部分ははっきり写っていましたが、もっと刺激的な事があったと石原都知事なども言っていましたがその部分はありませんでした。
ビデオが本物かどうなのかは国会中継で海保の長官が認めていたから本物でしょう。
問題は内部の人が義憤に燃えてだしたのか、それとも意図的なものなのか、その辺を考えなければいけないと思いました。この騒動の中で「人権擁護法案」がするっと通されたりしたらたまりませんからね。


my日本のお仲間でもある古谷さんが日比谷デモ前夜祭と銘打った生放送をニコニコ動画で行ないます。
(ビデオ流出とは無関係です(^-^;

ぜひ、見てくださいね~^^

★ニコニコ生放送・アジアに自由と平和を!★11.6日比谷デモ前夜祭!怒涛の中国近代史!

http://live.nicovideo.jp/gate/lv31298140

パチンコ屋の倒産を応援するブログさん 
動画と各議員のコメントが載ってます
http://ttensan.exblog.jp/

ビデオ流出についてキャプチャ画像あり

http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52393955.html

MSNビデオ(衝突映像)
http://video.jp.msn.com/watch/video/%E5%B0%96%E9%96%A3%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%81%8C%E6%B5%81%E5%87%BA%E3%81%8B-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%BC%81%E8%88%B9%E3%81%8C%E8%A1%9D%E7%AA%81%E3%81%AE%E6%98%A0%E5%83%8F/afwivd3s

| 日常日記 | 10:47 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

骨髄バンクで末梢血移植(ドナーの負担軽減) 非血縁者間でスタート 

私事ですが一昨日、1日に義兄が骨髄移植を受けました。
幸い、無事に終わり今のところ安定した容態です。

義兄は10年ほど前に、慢性骨髄性白血病と診断されました。
薬物投与による治療を続けていましたが、急性転化(急性白血病と同じような症状になること)したりと病気が悪化してきて、もう骨髄移植以外に命を長らえるすべはないとお医者様から言われたそうです。
ドナーを探し始めて半年ほどで適合するドナーの方が見つかったのは運が良かったのかも知れません。

今朝の産経新聞を読んでいて、骨髄バンクに関する記事を見つけました。

骨髄バンクで末梢血移植 非血縁者間でスタート 

血液のもとになる造血幹細胞を健康な人の血液から取り出し、白血病などの患者に移植する「末梢(まっしょう)血幹細胞移植」。これまでは血縁者間に限定されていたが、10月から非血縁者間での実施が骨髄バンクの事業として導入された。骨髄移植に比べてドナーの体の負担が少ないなどの利点があり、ドナー登録や移植件数の増加が期待される。

 バンクを運営する骨髄移植推進財団はまず、基準に適合していると認定した2施設で採取や移植を開始。年内には実施施設を約10カ所に、将来は約100カ所まで増やしたい考えだ。

 世界骨髄バンク機構のデータでは、平成21年に世界で実施された非血縁者間造血幹細胞移植1万5356件のうち、末梢血幹細胞移植は8162件。骨髄移植(3445件)や臍帯血(さいたいけつ)移植(3749件)を大きく上回り主流となっている。

移植の手順は、まずドナーに造血幹細胞を増やす「G-CSF」という薬を4日または5日間注射する。本来、骨髄に比べて血液中の造血幹細胞は少なく、移植に十分な細胞を確保できないが、G-CSFの効果で多量の細胞が骨髄から血液中へと導かれる。これを成分献血と同じ方法で採取し、患者に移植する。

 骨髄の採取のように全身麻酔をかけたり腰の骨に針を刺したりする必要がないため、ドナー登録への抵抗感を減らせる可能性がある。造血幹細胞の量が豊富なため、移植を受けた患者の造血機能回復が早いという大きなメリットもある。

 従来、G-CSFの投与には腰痛や肝機能異常などの副作用が指摘され導入への壁になっていたが、日本造血細胞移植学会などが血縁者間のドナーを追跡調査し、健康被害との明らかな因果関係を否定した。


私は現在、薬を服用しているのでドナー登録はできないのですが、健康体になったらドナー登録をしたいと思っています。アイバンクの登録カードと臓器提供意思表示カードは財布に入れて持ち歩いています。

日本ではまだまだドナーの数が少ないのが現状ですのでひとりでも多くの人が協力してくれたら、と願っています。

| 生活・暮らし | 11:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

緊急のお知らせ 頑張れ!日本 渋谷で街宣活動

もう、今日になってしまいますが渋谷で頑張れ日本!全国行動委員会の街頭宣伝活動があります。
通りかかる予定のある方は、ぜひ足を止めてください。

【東京都渋谷区】アジアに自由と平和を!尖閣諸島侵略糾弾!中国(胡錦濤)のアジア軍事覇権糾弾!拉致被害者奪還! 「ノーベル平和賞」劉暁波氏の釈放を!街頭宣伝活動(11/3)
http://www.ch-sakura.jp/events.html#7861
日時:
平成22年11月3日(水・祝日)
15時00分 渋谷ハチ公前広場(~17時00分)
【登壇予定】
三輪和雄、永山英樹、水島総、地方議員ほか

主催:
頑張れ日本!全国行動委員会
草莽全国地方議員の会
日本李登輝友の会
台湾研究フォーラム

ご連絡先:
頑張れ日本!全国行動委員会  http://www.ganbare-nippon.net/
  TEL 03-5468-9222

| マツ女のつぶやき@お知らせ | 00:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【世論調査】内閣支持率 各社の数値比較

内閣支持率を調べてみました。

まずは産経新聞から。これでもまだ多いんじゃなの?と思うのは私だけかな。

【世論調査】内閣支持率急落36・4% 小沢氏強制起訴「納得できる」78・8%

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が10月30、31両日に実施した合同世論調査で、菅直人内閣の支持率は前回調査(9月30日実施)の48・5%から12・1ポイント急落し、6月の政権発足後最低の36・4%となった。不支持率は46・5%(11・7ポイント増)で支持を上回った。沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件や「政治とカネ」の問題での政権の対応に対する厳しい視線を反映した。


こちらは読売新聞の調査結果。10月のものです。

読売新聞社が1~3日に実施した全国世論調査(電話方式)で、菅内閣の支持率は53%となり、内閣改造直後の前回調査(9月17~18日実施)の66%から下落した。

産経が9月末に行った調査と5%近い差がある。
民主アゲアゲの朝日や読売は、ヤバくて支持率出せないともっぱらの噂ですが。

そしてお待たせしました。天下の(爆笑)朝日新聞です。

「小沢氏はけじめを」69% 朝日新聞緊急世論調査
2010年10月6日22時21分

民主党の小沢一郎元代表が強制起訴されるのを受けて、朝日新聞が5、6日に実施した緊急の全国世論調査(電話)によると、菅直人内閣の支持率は45%で、9月18、19日の前回調査の59%から下落した。不支持率は36%(前回25%)。小沢氏は民主党を離党するなどのけじめをつけるべきだとする意見が69%に達し、「その必要はない」の21%を大きく上回った。


時事通信社の調査です。
画像切れていますのでクリックして頂けると全体を表示します。
内閣支持率11.1

一番信用できそうな産経の調査に戻ると評価はこのとおり。

 首相の指導力を77・3%が「評価しない」と回答。「評価しない」は「外交・安全保障政策」(71・8%)「政治とカネの問題」(71・0%)「景気対策」(75・2%)-となった。

 衝突事件の対応を「不適切」としたのは73・5%で前回調査より3ポイント増。船長釈放への政治介入の有無について87・5%が「菅政権は真実を明らかにしていない」と答えた。衝突時のビデオについて78・4%が「早期に全面公開すべきだ」と回答。尖閣諸島の警備について81・5%が「強化すべきだ」と答えた。

 民主党の小沢一郎元代表の強制起訴が決まったことには78・8%が「納得できる」。小沢氏が離党や議員辞職を否定したことに66・1%が「不適切」とした。「証人喚問をすべきだ」は55・8%で「政治倫理審査会での弁明」(10・0%)「司法の決着に任せる」(26・3%)を上回った。

 仙谷由人官房長官について54・3%が「政権を取り仕切っている」、64・7%が「国会答弁は適切でないものが多い」と回答した。


民主党は自ら墓穴を掘りまくってくれていますが、支持率低下で喜んでもいられません。
陰でこっそり、恐ろしい法案をいくつも通しています。
その話は次回に譲ります。


今日のオマケ

中国の大学の学食にネズミ入りの弁当が配られる 中国人なら大丈夫だろ
http://primestage.blog118.fc2.com/blog-entry-883.html
↑うん、シナ人なら問題ないと思う。(グロ注意)

| 民主党 | 13:05 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【愛国企業みっけ】西村真悟さんのメルマガから

先週、不注意で目を怪我してしましました。
細かいものを見るのがシンドイので、西村真悟さんのメルマガからまるっとそのままお伝えします。
文中、最後のほうに書かれている秋田県のツバサ広業という会社、素晴らしいです。
こちらの会社、旗、のぼり、腕章、風船、うちわなどなどの品を製造販売しているとのこと。
愛国者の皆さん、デモなどの活動をする際には、ぜひこちらの会社でのぼりなど注文してくださいませ。
(本文のほうは、特攻隊の方の話が主なのですが…)


以下、転載。

西村真悟の時事通信

十月二十五日、特別攻撃隊マバラカットを飛び立つ
No.561 平成22年10月25日(月)

十月といえば、学生時代の、二十一日の10・21国際反戦デーのデモが印象に残っている。
確か三島由紀夫が護身用に鉄扇を持って学生デモで争乱状態となり騒擾罪が適用された新宿駅を見に行ったのが十月二十一日だったと思う。
あれから幾星霜・・・、そして本日思う。十月二十五日は、六十六年前の昭和十九年、初めての神風特別攻撃隊がフィリピンのマバラカット海軍201空基地より出撃していった日であると。
六十六年前、台湾沖航空戦とレイテ沖海戦の敗北により帝国海軍は壊滅的な打撃を受けていた。
そのとき、第一航空艦隊司令長官の大西瀧治郎中将は、特別攻撃隊編成を発令した。
それにより、神風特別攻撃隊、敷島隊、大和隊、朝日隊及び山桜隊が編成され、昭和十九年十月二十五日、彼らを乗せた二十四機のゼロ戦がマバラカット基地を飛び立っていった。
その敷島隊の隊長が関 行男大尉だった。享年二十三歳。
関大尉は、「俺はKA(妻)のために行く」と言い残して飛び立って行ったという。関大尉は一人子であった。
この攻撃で敵空母セント・ローが撃沈され、あと空母一隻が撃破、巡洋艦一隻が撃沈されている。そして、空母セント・ローを撃沈したのが関大尉だと言われている。
関大尉らは軍神となる。本日は、関大尉の出身地である愛媛県西条市で慰霊祭があり、私の畏友も、慰霊祭に出席するためにはるばる西条市に赴いている。また昨日二十四日は、大阪護国神社で特別攻撃隊将兵の慰霊祭が行われている。
しかし戦後、軍神は忘れられ、または無視され、昭和二十八年、学校の用務員をして生計をたてていた大尉のご母堂が孤独のうちに亡くなると、大尉に子供がなかったので関家は断絶する。
ご母堂は、せめて息子の墓を建ててやりたい、と言い残して亡くなったという。
昭和四十九年五月七日、フィリピン人のダニエル・ディソン氏が、マバラカットの海軍201空基地跡に「第二次世界大戦において、日本神風攻撃隊が最初に飛び立った飛行場」と刻まれた碑を建立し神風攻撃隊を顕彰したが、日本人は一人も参列していなかったという。
また本年、ロバート・ケネディー元司法長官の息子のマクスウエル・ケネディー氏が「特攻、空母バンカーヒルと二人のカミカゼ、米軍兵士の見た沖縄特攻戦の真実」という本を出版した。
この本は、米軍の旗艦バンカーヒルを戦闘不能に陥れた二機の零戦パイロットのことを日米の当事者への取材で克明に描く力作である。
戦後の日本では忘れられたか、ことさら無視された時期のある神風特別攻撃隊であるが、海外では確実に語り継がれている。
NHKのラジオでは、毎日朝の六時台に、「今日は何の日」という番組をしている。「○○年前の今日は、人類が初めて月の上を歩いた日です」などと解説しながら歴史的な出来事を紹介する番組だ。
去年の一月七日の朝、駅での朝立ちの挨拶に向かう車内で「今日は何の日」を聴いていた。すると何日かの紹介のあと、「○○年前の今日は、喜劇役者のエノケンさんが亡くなった日です」とアナウンサーが言った。
それで次は「十九年前の今日は、昭和天皇が崩御された日です」と流れてくるはずだと思って待っていたら、見事に外れた。
NHKは、エノケンの亡くなった日は紹介しても天皇崩御の日は無視したのである。
今朝私はラジオを聴かなかったが、NHKは、「六十六年前の今日は、関行男大尉らの最初の特別攻撃隊が、フィリピンのマバラカット基地から出撃した日です、攻撃隊は敵空母一隻撃沈、一隻撃破、巡洋艦一隻を撃沈するという戦果をあげて散華しました」と放送したのだろうか。
本年四月三十日の時事通信「我レ敵空母ニ突入ス、17・21」に書いたが、秋田県戦没者の顕彰を社業として実施することを会社の取締役会で決定し、以後三十七年間にわたって実行してきている秋田県のツバサ広業株式会社社長の桝谷建夫氏が、「戦後の日本人は、物的な繁栄を求めることには熱心であるが、国難に殉じた戦没者の顕彰は殆ど顧みません。国家的な忘恩というべきでしょう」と言われるのは、まさに真実である。
忘恩の国家に未来はない。我が国のNHKが忘恩の率先垂範をしてきたのであろうか。

| その他 | 16:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。