うすば蜻蛉日記

正しい歴史認識を持って日本人の誇りを取り戻しましょう

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミンスの断末魔か?JR車内に違反チラシ

18日のデモの詳細は、多くのブログなどにあがっているので今さら報告するまでもないと思います。
参加していると意外と規模とかわからないものですが、あとで動画を見たりして、すごい人が集まったのだなーと嬉しく思ってます。
めっちゃ寒くて、足も痛くてよれよれになってしまい、翌日には大量ポスティングを控えていたのでデモだけ参加して渋谷の街宣は行かないで帰宅しました。

本題はここからですが
デモに参加するため、山手線で原宿に向かっている時に、こんなものがドアに貼ってあるのを見つけました。




右側に
「純ちゃ~ん、などと嬌声をあげている場合じゃない。この男こそ、
我々の生活を「ぶっ壊した」張本人なのだ!!

左側に
自民党の利権と役人の遊びに消えるガソリン税

と書いてあります。

ドアのところに貼られている広告とほぼ同じ大きさです。

両面テープで貼り付けてあったので、はがす時に少しやぶけてしまいました。
JRへ注意して欲しい旨の連絡を入れて以下のような返答をもらいました。

今後は同様の事象が発生することがないよう、車掌等の車内巡回や、車内清掃を実施する際には十分注意してまいりますので、何卒ご理解とご容赦を賜りますようお願い申し上げます。

まー、それにしても何でもアリですね。ミンス支持者は。
見苦しいですぞ。
それだけ追い詰められていると言う事でしょうか。

もう、悪あがきはやめなさい。国民は騙されないよ。
スポンサーサイト

| マツ女のつぶやき | 14:12 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

在日、部落解放同盟の恐ろしさとお花畑サヨク思想

ロサンゼルス発、よみがえれ我が祖国・日本!様のブログから引用させて頂きます。
http://nipponeseclub.blog70.fc2.com/

====引用ここから====
日本の癌は、
* パチンコ産業
* 部落解放同盟
* 朝鮮総連、韓国民団、朝鮮銀行、朝鮮学校
* シナ人の悪党たち
* 左翼勢力(日教組)
* メデイア
* 民主党と社民党
* 経団連などの大企業トップの一部

まだまだあるが、特に、在日と部落解放同盟の圧力に屈する党は、今後の日本の足を引っぱるだけで、期待は出来ない。自民党も「日本の癌」に対しての覚悟と決意を表明しない限りは、信用もしないし、応援もできない。

調べれば調べるほど、この組織の残忍さが浮き彫りになる。

1969年6月12日、同和対策事業特別措置法が、10年の時限立法として衆議院を通過した。それから2年以上、部落解放同盟のメンバーによる糾弾の嵐が襲う。ターゲットは高校の校長、教諭、私立大学の理事長、学長、教授。強引に差別事件と言って騒動を起こし、恫喝し、謝罪を求め、相手を締め上げる。この恐怖によって、何人かの校長や教頭が自殺したり、精神を病んだ。

なぜ、地上げ屋以上の暴挙が許されたのか?なぜそのような悲劇が発生したのか?
それは、この2年以上の期間だけ、「部落解放同盟」と名乗る暴漢に自宅を占領されても、公共施設で吊るし上げられても、警察官が救済に出動しなかったからだ。

その後、警官が駆けつけてくれるようになったが、それを指揮した刑事部長の自宅に配達された小包が爆発して、夫人が即死した。警察が被害者を助けないよう取りはからった2年以上の間の警察庁の最高責任者3人が被害を大きくした彼らの責任は重い。この行為はまるで暴力団の恐喝である。

この無法時代に便乗した地方自治体の小役人は、同和対策を口実に、大金を動かし、抜き取り、吸い上げの醍醐味に酔って、今日まで継続されている。
昔ほどではないにしろ、「部落解放同盟」と「在日組織」は圧力団体として、共通している。この連中を取り締まらないうちは、日本に平等と平和はやって来ない。

こういったテロ集団のような組織を野放しにして、どうやって世界の国々を相手にリーダーシップを発揮すると言えるのだ?そんなウソのような戯言を言う前に、度胸を、覚悟を証明しろ!
日本の良識を守らないで、蝕み、乱す組織を私は許せない!

===引用ここまで===
小包爆弾事件、思い出しました。こんな裏があったとは。。
鳩ぽっぽが言っていた「日本列島は日本人だけのものではない」これって、現実を見るとあながち間違いではなかったのでは・・・と恐ろしくなります。

「差別はいけません」そう私たちは教えられてきました。
しかし、その差別を利用して甘い汁を吸っている人たち(団体)があるなら、そのほうが許せないことです。


『気をつけよう、甘い言葉と暗い道』という標語があるけれど甘い言葉には夜道でなくても気をつけなければならいと、最近つくづく思う。

8日(開戦の日)にうちのポストに入っていたチラシがある。

「核兵器のない世界」を!

子どもたちに平和な未来を手わたそう!

母親、女性はいかなる戦争にも反対します


いかにも耳障りのいい言葉が並んでいるけれど、読んでみるとサヨク、日教組の影が浮かび上がるような内容だった。

「今から69年前の12月8日、日本軍はハワイの真珠湾でアメリカの連合艦隊を奇襲し、ドイツ、イタリアとくんで、米英をはじめ世界を相手に戦争をはじめました。
日本は、中国・アジアの各地で侵略戦争を続け、たくさんの尊い命が犠牲になりました。
こうしたあやまちを二度と繰り返さないために、日本国憲法は「戦争放棄」「戦力の不保持」を世界に約束したのです。
(略)
みなさん、憲法9条を持つ国として、平和で豊かな未来を子どもたちに手渡すために、武器はいらないの声を大きくしていこうではありませんか。」

平和ボケしている普通の日本人が見たら「なるほど、そうだよね」と思ってしまうような内容だ。
一見、正しいことを言ってるように見えるから、騙される人も多いのだろう。
でも、私にはこう言っているように見える。

日本は侵略戦争をした悪い国なのだから、日本がある限りアジア(中国・韓国)に謝り続けなければならない。
特アの「貢ぐクン」でい続けなければならない。
戦争のせの字も口にしてはいけない。
9条を守って、たとえ世界中が戦争をはじめても、日本はじっとしていなければいけない。
子々孫々、その考えを守っていかなければいけない。


正しい歴史観も、未来の子供たちへの明るい展望もなにもない。

あやまちは二度と繰り返さない

サヨクはこの言葉、大好きなようですね。

その言葉、天安門事件を起こし、チベットなどで虐殺を続ける中国や原爆を落としたアメリカにも言ってくれませんか?

| マツ女のつぶやき | 14:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月8日 靖国の英霊に感謝し神社の安寧を護る国民大集会 報告

昨日に引き続き、12月8日の報告です。2回で終わりにしようと思ったのですが疲れが抜けず(汗)後半はまた後日報告させて頂きます。

文京区民センターで行われた「靖国の英霊に感謝し神社の安寧を護る国民大集会」へ行きました。

花うさぎさんの「世界は腹黒い」でもレポートがありました。 http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1971759/

登壇した方、お話をメモをもとに紹介します。(敬称略)
※お話を急ぎメモしたので、だいぶ省略した内容になっています。また、お名前だけの紹介とさせて頂いている方もあります。ご了承ください。

1.永田壮一 國自警団団長、國會事務局次長(S46年生まれ)千代田区議会に来年、立候補予定。
  http://ameblo.jp/nipponichiban/

(※まずはこちらをお読みください)

  高金素梅靖国狼藉事件刑事告発ご協力のお願い


 去る平成21年8月11日、台湾の立法院議員高金素梅ら一行約五十名は突如國神社境内に現れ、神社に眠る多くの御霊の面前で、「國神社は合祀を止めろ!」等と書いた横断幕を拡げ、拡声器を用いて「靖国No!」等のシュプレヒコールを連呼して行進して拝殿に迫り、あるものは静止する警備の神職に傷を負わせ、あるものは賽銭箱をまたぎ土足で拝殿に入るという信じられない暴挙が、白昼、多くの参拝者が見守るなかで行われました。やがて高金素梅らは、持ち込んだプラカード等を境内に捨て置いて意気揚々と引き上げ、彼らを日本に招聘した社民党本部に凱旋して拍手をもって迎えられ、台湾帰国後、北京に赴いて胡錦濤首席に戦果を報告するなど、全くの英雄気取りであり、反省の色は微塵もないようです。
私たちは、今回のような國神社と国事に殉難された御霊に対する公然不敬の狼藉を日本人として断じて許すことはできません。それは日本人の民族の魂を侮辱するものです。実は、高金素梅の國神社に対する狼藉は、今回に始まったことではなく、過去においても幾度となく國神社を訪れ、不敬を働いてきました。しかし、今度という今度は、良識ある日本人の忍耐の限度を越えています。此処に至っても拱手傍観するならば、國神社の英霊祭祀を大切に思っている多くの日本人の心の在り方を誤って伝えることになりかねません。事実、昨年末には、某反日団体により高金素梅の狼藉を倣った暴挙が繰り返されそうになりました。人々の崇敬を集める礼拝所において無礼を働くことは、刑法188条(礼拝所不敬罪)が禁じるところです。いかなる政治的パフォーマンスも人々の心を踏みにじる形において行われることは許されません。今こそ、怒りの声を挙げ、日本の司直に対して高金素梅に対する厳正な処罰を求め、高金素梅が二度と日本の地に足を踏み入れ、國神社に対する狼藉を働けないようにしなければなりません。

 私たちは、國神社の尊厳と日本人の魂を守るため、志を同じくする弁護士らに委任して告訴・告発の手続を執り行うことを決意し、昨年21年12月28日、あけぼの会代表門脇秀朝氏を代表として第一次告訴告発を行いました。現在、「多くの日本国民が怒っているんだ。」ということを示すため、第二次、三次・・・の告訴告発を準備中です。一人でも多くの方にご参加頂くことを切に願っております。告訴・告発人に名を連ねて下さいますようお願い申し上げます。
============

上のことがあり、7月から8月15日まで交代で開門から閉門までの間、靖国神社の自警をしてきた。
地元警察には、何度も24時間警備を申し入れてきたが、いち神社に対する警備はできないと断られ続けてきたが、粘り強く交渉をして、ようやく8月13日から15日にかけて24時間警備をしてもらうことができた。
14日に朝鮮人5人ほどが九段下の駅を出てすぐのところで警察に排除された。

2.徳永信一(高金素梅刑事告訴・告発代理人)
  裁判があるため、欠席。文書にて、会に寄せる言葉。

3.(靖国応援団)あけぼの会 (連合) 名前不明(初代会長?門脇朝秀)

   (乳がん啓発のあけぼの会とは別)


4.東條由布子
  2年前にソウルのテレビ局に鼎談をしないかと呼ばれていった。相手は聞いていなかったが、高金素梅だった。(動画ありYouTube)
とんでもない人だった。産経新聞の黒田記者(ソウル支局)が記事にしていた。
東條さんのような人を相手にしたら、勝てるわけがない。(素梅が下品?だったか)
11月25日にアメリカは日本の真珠湾攻撃を知っていた。
ハワイ海域を真空状態にして、日本が攻撃を仕掛けるのを待っていた。ハワイのアメリカ軍にだけ、知らせていなかった。日本が先制攻撃をした時に、ルーズベルトは喜んでいた。(新聞に載った)

5.靖国の御霊に感謝する会代表 小川慎太郎

 11月27,28日に鹿児島の特攻基地へ慰霊の旅へ行ったことの報告。

 現在の日本は発展途上国。言うべきことが言えない。するべきことができない。
 世界の中で当たり前のことができなければならない。
 「人命は地球より重い」といった総理大臣がいたが、それならば祖国のために命を捧げた英霊に感謝するのは当たり前ではないか。

6.二宮報徳会会長 小林幸子

7.維新政党新風代表 鈴木信行
 
  大東亜戦争の正当な評価がされていない。日本は戦争に負けて侵略戦争という汚名をきせられた。
  日本は世界史の流れを変える戦いをした。このことをしっかり教育するべきだ。

8.藤島雄平 同志社大学1回生

 お若いのに、しっかりした方です。別の日の動画ですが見つけましたので時間があればご覧ください。

  

9.そよ風 涼風由喜子

10.新聞「アイデンティティ」発行人 葛目浩一

11.竹島を守る会 梶谷萬里子

12.安濃豊 「戦勝国は日本だった」←のちほど詳しく紹介。

13.小山勝信 神奈川大学教授

 オバマ大統領が天皇陛下に深く礼をしたが、あれはアジアの開放を日本がしたことを理解したうえでのことであっただろう。
 先の大戦で、日本がアジアを開放しなければ黒人の大統領も生まれなかったはずだ。

 メディア報道研究センターというのを立ち上げ、テレビにミシュランのように格付けをする。

====================
簡単ですが、登壇順にまとめさせて頂きました。
お話の内容が書ききれなかった方もいらっしゃいますが(メモできなかった方もあり)、8日の様子のレポートということでご容赦ください。

| マツ女のつぶやき | 23:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月8日開戦の日(大詔奉戴日)靖国、千鳥ケ淵、靖国に感謝する会 その1

昨日、12月8日は開戦の日((大詔奉戴日)という事で、今年3度目になる靖国神社参拝をしてきました。

my日本のお友達の日記を見て、「あ、千鳥ケ淵戦没者墓苑へもお参りをしなければ!」と地図を確認。
そして、午後6時半からの文京区民センターでの「靖国の英霊に感謝し神社の安寧を護る国民大集会」へ出席して帰宅という私としてはかなりのハードスケジュールでした。

文京区民センターでの内容は、かなり濃いもので長くなると思うので2回にわけて書こうと思います。
今回、その一は靖国神社と千鳥ケ淵戦没者霊園での話などです。


靖国神社への参拝は今年の8月15日が生まれて初めてだったのですが今日で3度目となりました。
こんなに近かったのに、どうして今まで来なかったのか・・・英霊の皆様に申し訳ない気持ちです。
ちょうど正午頃に着いたのですが、混雑はしていませんでしたが、参拝の人は途切れることなく続いていました。

遊就館の1階のおみやげ物やさんへ行って「1937南京攻略の真実」という文庫本と可愛い桜の形をしたストラップなどを購入。
参道で売っていた靖国神社のカレンダーも購入しました♪
(皇室カレンダーも欲しかったけど、使い終わったあと捨てるなどできないので悩んだ末、やめておきました)

「パール判事の日本無罪論」の文庫本を電車の中で読みながら向かったので、前回2回とも見られなかったパール判事の石碑を見てきました。
ご存知の方も多いと思いますが、インドのパール判事はただひとり、日本人被告全員無罪を唱えた方です。



石碑には
時が熱狂と偏見をやわらげたあかつきには、
また理性が虚偽からその仮面を剥ぎとったあかつきには、
そのときこそ、正義の女神は、
その秤を平衡に保ちながら、
過去の賞罰の多くに、
そのところを変えることを要求するだろう。

という判決文からの引用が刻まれています。

まだ途中までしか読み進んでいない「パール判事の日本無罪論」ですが印象に残ったところをご紹介します。

戦後、再来日をしたパール博士をホテルで歓迎した日本人が「同情ある判決を頂いてありがたい」と語ったところ、博士は「私が日本に同情ある判決を行ったと考えるならば、それはとんでもない誤解である。私は日本の同情者として判決したのではなく、西欧を憎んで判決したのでもない。真実を真実を認め、これに対する私の信ずる正しき法を適用したにすぎない。それ以上のものでも、また、それ以下のものでもない

こうした姿勢を貫いてくださったパール博士には、ひとりの日本人として心から感謝したいと思います。


靖国神社で2時間近く過ごして、千鳥ケ淵戦没者墓苑へ向かいました。
こちらは、またしても生まれて初めての場所。
私のすぐ前に老年の男性と息子さんらしき方が白菊の花を手向けていらっしゃいました。
「千鳥ケ淵」という新聞のようなもの(写真参照)があったので頂いてきました。
今年の秋季慰霊祭には秋篠宮同妃両殿下が御臨席されたとのこと。
バ管は代理で済ませたそうです。まぁ、穢れるからアレは来なくていい。



記事を詳しく読みますと、
千鳥ケ淵戦没者墓苑奉仕会主催の秋季慰霊祭は11月18日(月)、澄み渡る秋空のもと秋篠宮同妃両殿下の御臨席を仰ぎ、内閣総理大臣(代理)、厚生労働、環境、防衛、金融・郵政改革各大臣(代理)、自民党、公明、たちあがれ日本各党の代表等の参列を頂き、厳粛盛大に執り行われた。

って、な~んだ民主は全員代理で済ませたのかぁ。
さすが左翼政権ですね。
君が代斉唱したくないから行かなかったんですね(棒

関西テレビのアンカーをご覧のかたはよくご存知でしょうが、青山繫春さんが硫黄島には滑走路の下にもまだ英霊のご遺骨が放置されていると仰ってます。
昨日、帰宅してからYouTubeで見た8日のアンカーで青山さんが「勘弁してくれ」といった哀しげなお顔で仰っていましたが、人気取りのためか管総理が今月14日に硫黄島へ行くそうです。
そもそも硫黄島の遺骨収集作業は、麻生さんだったか安倍さんの内閣時代に行うことが決まっていたのに民主党政権になって予算を取り消された(ウロ覚えですが、大体あってると思います)経緯があったのに、総理の座にただしがみついていたいだけのクソ野郎が英霊を利用するなど、ほんとうに許すまじことです。
しかも、遺骨収集については数千ほど行って後はお茶を濁そうという魂胆らしいというのですから。。
英霊の怒りを買って、硫黄島で行方不明にでもなればいいのに。

話が脱線してしまいましたが「千鳥ケ淵」紙によると、今年もハバロフスク地方での遺骨収集に任じていた遺骨帰還団から37柱のご遺骨が千鳥ケ淵戦没者霊園にお迎えされたそうです。
日本はすべての戦没者の方のご遺骨を、一日も早く祖国へお迎えすることが国としての義務です。
政権が変わっても、その事をないがしろにしてはいけないと強く思いました。

墓苑には、昭和天皇の御製碑と今上陛下の御製碑がありました。

 くにのためいのち ささげしひとびとの 
 
   ことをおもへば むねせまりくる

                (昭和天皇)

 戦なき世を 歩みきて思ひ出づ

   かの難き日を 生きし人々

             (今上陛下)


さて、夕方からの集会場所の区民センター、後楽園駅へ行くにはまだ時間があったのですが、初めて行くのでとりあえず早めに場所を下見しようと思って地下鉄半蔵門駅へと 向かったのですが、迷子に・・・(×_×;)
方向音痴なので同じところをぐるぐる回ってしまっていました。

区民センターでのお話はメモを整理して次回詳しく報告したいと思います。

| マツ女のつぶやき | 15:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポスティングのすすめ

私は下のようなチラシを時々、自転車でいける範囲の住宅にポスティングしています。
日本がなんかおかしな事になっている。どうしたらいいんだろう、と思っていた時に「こういう方法があるよ」と教えてもらって始めました。
街頭で配るのはちょっと恥ずかしいと思う人もいると思います。
でも、自分のご近所や通勤通学途中で知らないお宅のポストにちょっと入れるくらいなら出来そうじゃありませんか?
少なくてもいいんです。
定期的に、同じ地区に内容の違うチラシを配るだけで必ず何人かの人は読んでくれます。
読んでくれた人が、興味を持って自分でパソコンで調べてくれたら、どんどん「気がつく人」が増えていきます。

口コミ情報と同じように地道なポスティングが日本中あちこちで行われたら大きな力になると思います。
配るだけでなくて、駅のトイレや図書館に「うっかり置き忘れ」たりしてもいいんですよ。

ポスティングしている時に住人の方に会ってしまったら、にっこり笑顔で「こんにちは」と言えば、問題ありません。道路沿いにあるポストに入れるだけなら、犯罪でもないし、何も問題ないんですよ。
私は集合住宅のポストに入れる事が多いのですが、住民の方がいても「こんにちは~」と元気に挨拶すると主婦のパートか何かと間違えられるのか「ご苦労さまです」なんて言ってもらう事もあります。
最初はドキドキするかも知れませんが、一度やってしまえばどうってことありません。
歩きでやれば運動不足の解消にもなって一石二鳥です。

↓このチラシは一般の人が作ったものです。
 チラシ集積サイトに、たくさんのチラシがあります。(右のリンクにも追加してあります)
ダウンロードして印刷するだけです。
  


ご近所に「民主党の正体」や「マスコミの嘘」を広めちゃいませんか?

| マツ女のつぶやき | 00:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。