うすば蜻蛉日記

正しい歴史認識を持って日本人の誇りを取り戻しましょう

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

謝罪外交に断固反対する集会とか田母神さんとか

21日永田町にある星陵会館で行われた「謝罪外交に断固反対する集会」に出てきました。

永田町・・・初めて行きました。
日本の(ある意味?)中心の場所ですよね。
建物の前には警官がいて、広い道路はあまり車も走ってなくて、ごみも落ちてなくて映画の中のSFちっくな街みたいでした。

集会の様子は やまと新聞さんから抜粋==

実行委員に中田宏(日本創新党代表幹事)コメンテーターに田母神俊雄(前航空幕僚長)下村博文(衆議院議員)加瀬英明(外交評論家)が参加、また櫻井よしこ(ジャーナリスト)上田清司(埼玉県知事)がゲストとして加わった。
松浦芳子(杉並区議会議員)をはじめ全国から12名の地方議員、前地方議員らも集まり「今、何故 菅談話なのか」と謝罪外交に断固反対の意思を示した。
約400名収容の会場は開始1時間前には2階席まで満員の聴衆で埋まり、開始時には立ち見になるほどだった。

中田宏実行委員はこの菅談話により「北朝鮮が既に韓国だけに謝罪するのはおかしいと言い出し、韓国は謝罪が足りないと言っている」1965年の日韓国交正常化により「完全かつ最終的に解決している」問題であり、「歴史認識は歴史家に任せるべき。歴史を直視することから未来が開ける」と開会の辞を述べた。

下村博文衆議院議員(創生「日本」副会長)は冒頭「菅総理は韓国の総理大臣だったのではないか、NHKはアメリカの国営放送ではないか」と述べ、「右翼とか左翼という言い方自体が古い言い方だ。今日はマインドコントロールから開放された方が集まっている。しかし(マインドコントロールから解放されているのは)残念ながら10%くらいではないか。9割は未だに引っかかっているということ自体自覚していない。総理談話はまさに戦後マインドコントロールに引っかかった談話である」とし、菅談話に反対する理由として「歴史は歴史家に任せるべきである。政府の見解は何が正しいかではなく、その時々の政治的外交的配慮に重点を置くからだ。河野談話によって平成になってから従軍慰安婦という聞いたこともないような言葉が教科書に出てきた。まったく事実と異なったことが日本のすべての中学の教科書に堂々と載ることとなった。宮沢談話によって、わが国の歴史教科書を近隣諸国に配慮しなければならなくなった。村山談話も同じ。結果的にこの国を陥れることになってしまう。今回の菅談話も同じことだ」とした。 「未来志向というが、お互いに北朝鮮問題や中国問題にどのようにしていくかというようなことなら理解できるが、過去のお詫びだけで終わってしまうということは疑問だ。日本の総理として自覚も見識もない。国家感がない。国を愛する想いのない人が間違って総理になった。我々保守が力を合わせ早く政権奪還するしかない」と述べた。


田母神俊雄(前航空幕僚長)
「指揮官には戦う意識がなければならない。国家感、歴史観は絶対に譲ってはならない」とし、民主党政治によって「緩やかに壊されてきたものが急速に壊されている。総理が先頭に立って国家国益を守るために戦うべきなのにまた譲歩」「日本は戦争に負けても昭和50年まではなめられることはなかった、その後なめられ始めた。戦後30年くらいは戦前教育を受けた人たちが日本のリーダーを勤めていたからではないか。その後戦後教育のリーダーができてから日本の体たらくを招く」とし、1977年に起きた連合赤軍に寄るハイジャック事件「ダッカ日航機ハイジャック事件」を例に、「当時の福田総理は『人命は地球より重い』として超法規的措置をとった。170名の人質解放のかわりに(日本で服役及び勾留中の9名を釈放した上)16億円を渡した。その後すぐに横田めぐみさんが拉致された。この辺から拉致が増えた。その数は人質の2倍3倍。テロに屈した結果だ。ドイツはルフトハンザ航空がドイツ赤軍にハイジャックされた時、交渉せず犯人を全員射殺。犠牲1名、その後拉致は1名」と政府の対応の違いを示した。宮沢談話について「教科書検定ガイドラインで日本は譲歩した。その後よくなったか?近隣諸国に条項をたてに取られ、どんどん介入される」また「靖国参拝に対する圧力がはじまり、中曽根総理は屈した。今の靖国問題は中曽根さんががんばっていれば生じなかった。強制連行、慰安婦、日本の譲歩によって一時収まったかに見えてもその後問題は大きくなる。それを繰り返している。日本の国益を踏まえ、仲良くすることではなく、我々の考えをきちんと主張すべき、そのときに生ずる摩擦と断固戦うという、トップ、総理の強い意志が必要。菅談話も同じ。日本は金をどんどん持っていかれるだけで損するだけ。村山さんはどこかの理事長になって(「アジア女性基金」日本軍が強制連行し、慰安婦に被害を与えたという前提で元慰安婦たちへの「償い事業」として基金を設立、村山富一理事長。国民から募金を募った)慰安婦基金7億円を配った。そのため50億の税金を使った。そういうことまでやってこの国を貶めることはやめてほしい。本当に日本に保守の政権ができなければ日本は危ない。国を守る政権誕生を望む」と述べた。


櫻井よしこさんは次の予定が迫ったため、移動されてお話が聞けなかったのは残念でしたが、実行委員長の山田宏さん(日本創新党 党首)はじめ、パネリストの方々の熱のこもったお話には何度も拍手が沸いていました。

私のようないち主婦までも目覚めさせてくれた意味では「民主党ありがとう」(棒)ですけど、こんな世の中やっぱり普通じゃないと思います。

どなたのお話もすっと心に入ってきて納得のいくお話ばかりでしたが、外交評論家の加瀬英明さんと元航空幕僚長の田母神さんのお話は会場の人たちも大きな拍手を送っていましたね。
加瀬さんは日本は韓国に感謝されこそ、恨まれる筋合いはないという事を熱く語っておられました。
多くの資料などから日韓併合は、管談話とは真逆の事だったと証明されていますが、それを知っている国民がどれだけいるのか・・・私もできる限り事実を広めなくてはと思いました。

田母神さんはニューモアを交えながらも熱く国防の大切さをお話になられました。
私も今まで間違って考えていた部分もあり(憲法9条は守ったほうがいいとか)田母神さんの現実的なお話をお聞きして非常に納得させられました。
田母神さんの例の論文も本となっているのを読みましたし、21日帰宅するとたまたま「田母神論文と自衛官の名誉を考える会」から田母神さんの著書「田母神俊雄の人生論」などが届いていて、この本を読んでまた感銘を受けました。

「田母神俊雄の人生論」は、田母神さんが特に若い人に向けて書かれたものだそうですが、もちろん色々な年代の人が読んでもカッコいい日本人になるために大事なことが書かれていると思います。
私がひとつ驚いたのは、私がずいぶん前から考えていた事を田母神さんも考えていらした事でした。

第三章 努力で人生を切り拓くから、少し長くなりますが抜粋します。

人を幸せにすること、それが人生の目的

人は皆生まれて死んでいく。どんなに偉い人でも例外はありません。では何のためにこの世に生まれてきて、何のために生きていくのでしょうか。
 私は、この世からあの世に行く瞬間にその答えがあると思っています。
 死の瞬間の思いが、あの世でのスタートになると思うからです。
 ――人間、死ねば全て終わりと考えるのは、いまの人生を否定することになると思っています。より良く生きるためと思って読んでください。
 そう考えると、死の瞬間「自分は幸せだった」と思えば、それがそのまま引き継がれるし、逆に人を恨んだまま死んでしまったり、不幸だったと思って死んでしまっては、それをあの世まで持っていくことになります。
 そのどちらを選ぶかと言われれば、誰だって不幸になりたくないはずなので、幸せな思いで死んで行きたいと思うはずです。
 となれば人は「死ぬ瞬間、自分の人生は幸せだったと思って、ニコニコ笑顔で死ねるのかどうか」を目指して生きていると言ってもいいのではないでしょうか。
 この世に生まれてきたのも、生きていくのも、そのためにあるような気がします。


私も30代の頃からだったと思いますが、ずっと「幸せな人生だったと言って死ぬためにいまを生きている」と思っていました。
そう言うと「死ぬ時にどう考えるかなんて事のために生きるなんて変な人」だと言われましたが、人は誰でもいずれ死にます。
死ぬことを否定的に考えたり(死ぬ時のことなど考えたくもない人や)死を後ろ向きととらえる人には理解しにくいのかも知れませんが、死ぬ時になって人生を後悔するなんて、私は一番辛いことではないかと思うのです。

たとえ、ひとりぼっちで死を迎える事になっても、自分の人生を思い出して「あぁ、いい人生だったなぁ」と思って死ねたら、私にとっては幸せな人生の最期だと思います。
そんな思いの向こう側に死んだ父や、祖父母や、愛する人の姿が見えてくるような気がします。
スポンサーサイト

| 管談話 | 18:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界に笑われる土下座外交 管談話の愚かさ

先の管総理の談話について、どれだけの人が危機感を抱いているのだろう・・・と思うと不安です。
案の定、中国から「なぜ韓国だけに謝罪するのだ。それならわが国にも謝罪しろ」という声が上がっています。
韓国内からも、その程度の謝罪では生ぬるいと言った声もあるようです。

このような謝罪を繰り返していれば、また賠償問題になります。
そして賠償金は私たち国民の税金から支払われるのです。
どうして国益にならないことばかり民主党はやっているのでしょう。

私の拙い文章よりも、今回の談話がどれほど愚かしいものかを都議会議員の土屋たかゆきさんが的確に書いておられますので長くなりますが転載させて頂きます。
これを読んで近現代史に少しでも興味を持たれたり、自虐史を考え直して頂ければと思います。

「今日のつっちー」より

http://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/


英霊を冒涜して、何を得ようと言うのか・・・


大東亜戦争が「停戦」となった日が今年もやって来た。

わが国は、世界で稀な「自虐史観」が政治を支配している。仮に、民主党革命政権の見解や、村山談話が正しいとなると、西欧先進国は「全て」アジア、アフリカに謝罪をしなければならなくなる。

私が、小学校に入学したのは昭和33年。当時から社会科が好きだった私は、世界地図を買ってもらった。その地図には、あらゆる場所に、(ア)とか(イ)とか、(ポ)(フ)と言う字があった。
子供心にこれはアメリカやイギリスのものなのだと理解したが、アフリカはほとんど、太平洋も同じ。

つまり、昭和33年に至っても、かなりの「植民地」が世界中に存在したことになる。北京政府は、わが国が全てを「焼き尽くし」「奪い尽くし」「破壊尽くし」たと言っているが、では、NHK特集の中国の美しい寺院はどう説明するのか。

菅直人と言う、直截的に言えば、「売国奴」内閣は、韓国に対する「談話」で、国際法に合致した「日韓併合」を詫びた。
西欧諸国の植民地支配は、愚民化、収奪が目的である。つい100年前まで、黒人が「奴隷」として数ドルで売り買いされていた。それをお忘れか?

わが国は、朝鮮を併合、台湾を領土とし、満州国を建国した。
その地に、帝国大学をつくり、学制をひき、学校を建設、鉄道などのインフラ整備をすすめた。わが国がそれらの地域から得た「利潤」より、はるかに大量の国税が投下された。これが「植民地支配」なのか?

ソウルは言う。創氏改名を「強制され」、土地を奪われたと。
では、朝鮮が5族に別れ、身分が違うと話も出来ない状態であったこと、地主階級が土地を支配していたこと。これは事実ではないのか。
朝鮮には苗字が少ない。従って、苗字で出身成分が分かってしまう。だから、創氏改名によって、日本人になることで差別がなくなると、総督府前には行列が出来た。更に、農地解放を行い、農地は分配され、収穫高も天文学的に向上した。
これのどこが「差別」なのか?

方や、中国にアヘンを持ち込み、アフリカの黒人を奴隷として「物」として扱った国が、白人による世界制覇の邪魔になるわが国を、オレンジ作戦を立案、暗号を解読、スパイを暗躍させ、戦争に追いやった。

昭和16年11月25日の閣議で、アメリカ大統領ルーズベルトは「ジャップに一発目を撃たせろ」と発言している。実際、真珠湾攻撃時に、航空母艦は真珠湾になかった
つまり、真珠湾攻撃での犠牲者は、ルーズベルトの「国民扇動の犠牲者である」ことになる。

戦争はそのように冷酷なものだ。
それを「絵本」のように思っている、わが国指導者を見て、世界が笑っている。

東京裁判で、アメリカ人弁護士が指摘したように、何故、戦勝国だけが裁判官席にあるのか。更に、日ソ中立条約を破って、国際法違反行為を犯した「犯罪国」ソ連が何故、裁判官席にあるのか。その説明は全くない。

原爆投下、各都市への無差別爆撃は、国際法違反行為であることは明確であるのに、審議の対象からはずされている。つまり、この裁判は、戦勝国が、敗戦国を裁く「リンチ」なのだ。
東京裁判だけではない、戦地で行われた、裁判など、裁判の形式もとられない「報復」のための「手続き」だ。そのどこが、正当性を主張出来ると言うのか。
出来はしない。
法律の原則を無視した、事後法による裁判だからだ。
(略)

世界史上、「謝罪外交」を繰り返しているのは、わが国だけだ。
「一銭五厘」の赤紙で召集されと揶揄している国は、わが国だけだ。
その論理なら、私たち政治家も、たかだか数千円の当選証書のために戦っているし、医師も、薬剤師も、同じく数千円の免許証のために、過酷な勉強を強いられていると言うことになる。

つまらない発想であり、低級な発想だ。

自分を卑下する者に碌な者がいない。それと同様、自国の歴史を卑下する者に碌な者がいない。
私たちの先輩が、命を賭けて守ったものとはなにか。自問して見たらいい。
恋人であり、家族であり、そして、2600年の伝統ある祖国。その象徴たる天皇陛下ではないか。
自分を殺すと言う大変な作業を合理化して、「立派に死ん行きます」と言う息子に、自分を殺して「お国のために頑張れ」と返す両親。
日本と言う国はそう言う国であった。

列強のアジア侵略を、では、どう食い止められたのか。ABCD包囲陣をどう回避出来たのか。
もし、満州から、中国からわが国が撤兵すれば、中国は独立を勝ち得たか?違う!
欧米列強が租借地を拡大、中国を支配し、わが国の追い落としを図っただろう。

そんな歴史も知らないで、英霊を冒涜する売国奴が国会を占拠している。
英霊の卑下は、最終的に陛下に累が及ぶ。
実際、日教組は教室でそう教えている。

先輩が、命を賭け、違法な裁判でも全ての責任を一身に引き受けて「法務死」した人々は、国体の護持のため、一切の言い訳を言わなかった。
その至純な気持ちが理解出来ない政治家とは、一体何者なのか。

誰も死にたくて死んだのではない。しかし、やらなければ、無差別爆撃で妹や姉が犠牲になる。この日本がなくなる。その一途な思いで特攻隊として出撃した。
「意味のない特攻だった」と言う。
効率など関係はないのだ。
高高度爆撃を繰り返すB29に体当たりするしかなかった。一旦劣勢に立った戦局を何とか建て直すにはこれしか方法がなかったのだ。

計算高い、姑息な、私欲が溢れる人間には理解は出来まい。

今回の「談話」は歴史に残る汚辱の談話として記憶される。
そして、国民が日本人としての自覚に立ち返らなければ、国を滅ぼす一歩となる。

国の名誉が、英霊の名誉が、かてて加えて陛下の名誉が汚される。少なくとも私は耐えることは出来ない。
であるなら、革命政権と戦うしかない。
英霊の皆さんは、「後に続く者、あるを信ずる」と死んで行った。

後に続く者とは誰か。私たちではないか。
ソウル・北京の内政干渉を考えれば、ある意味の戦闘状態にある。特にソウルはわが国領土・竹島を軍事侵略している。国内にあっては、革命政権との戦闘状態にある。
ならば、戦うしかない。
誰のため。

自分のため、祖国のためだ。
負けてたまるか!日本!

| 管談話 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

真夏の悪夢

日韓併合に「反省とおわび」=王朝文書引き渡し―首相談話を閣議決定へ

 政府は10日午前の閣議で、日韓併合100年に当たっての首相談話を決定する。談話は、アジア諸国への植民地支配と侵略を謝罪した1995年の「村山首相談話」を踏襲し、「痛切な反省と心からのおわび」を表明。未来志向の日韓関係構築に取り組む姿勢を強調し、朝鮮王朝の主要行事を絵や文章で記録した古文書で、日韓併合後に日本に渡ったとされる「朝鮮王室儀軌(ぎき)」を引き渡す方針も明らかにする。
 菅直人首相は日韓併合100年の節目に、首相談話という形で謝罪の意思を改めて明確にすることで、菅内閣のアジア重視の姿勢を示し、日韓関係の進展につなげたい考え。ただ、与野党内には、65年の日韓請求権協定で決着した請求権問題が「再燃しかねない」との慎重論があり、今回の談話には批判も出そうだ。
 談話の発表時期をめぐっては、韓国が植民地支配からの解放を祝う「光復節」の15日や、併合条約が発効した29日に合わせた場合、政治的色彩が強まって反対派を刺激しかねないと懸念、避けたとみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100810-00000014-jij-pol


談話阻止のために微力ながら各政党や政治家へのメール、FAXなどをしてきたけれど、とうとう発表されてしまうらしい。

この談話は「村山談話」よりも将来の日本にとって大きな禍根を残すものになるだろう。
そして官内閣は日本史上稀に見る左翼政権として歴史に残るだろう。日本が残っていれば、の話だけど。

だけど、ここで諦めたらおしまいだ。左翼をのさばらせるだけになる。
負けてたまるか!

| 管談話 | 09:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

管総理の談話 なぜ不要なのか

日韓併合100年の今年、官総理は「お詫び」談話を発表するとしています。
日本中、各地でこの談話に反対する動きがでています。
なぜ反対するのか、この点について安倍前総理がわかりやすくお話されている動画がありますので紹介します。

「日本は韓国に辛い思いをさせたのだから節目の年にお詫びをしてもいいんじゃない?」
と、軽く考えている方がいらしたら、それはとても残念なことです。
マスコミが自虐史を煽っているので、知らず知らずそのような考えを持ってしまっているかも知れません。
百歩譲って日本が韓国に対してひどいことをしたとしても、個人的にするお詫びと国家としてするお詫びはまったく異質なものです。その辺を考えつつ、動画を見ていただければと思います。

日本のこれから、国として存続できるかどうか(大げさではありませんよ)も、かかっています。
韓国が好きな人もそうでない人も、日本人としてこの国に安心して住み続けたいのなら考えて欲しい事柄です。


日韓併合100年 総理談話に反対する署名
↑こちらも、よろしければご協力お願いします。
(セキュリティの警告画面が出る場合がありますが「いいえ」で署名画面がでます)

| 管談話 | 13:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。