うすば蜻蛉日記

正しい歴史認識を持って日本人の誇りを取り戻しましょう

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【緊急】日本人のお金が中国に60兆円もばらまかれる

緊急拡散お願いします。
知り合いの方のブログに書かれていた内容です。
まとめている時間がないので、全部転載させていただきます。

以下、すべて転載。


「日々、想うこと。」さんのブログより、転載させていただきます。
http://ameblo.jp/independence-sky516/entry-10651711245.html


---------------------------------------------------------
取り急ぎ【ひめのブログ】さんより拡散情報です。 

中国はいつも二重三重に仕掛けてくるのが常套手段です。
哀しい事に今の民主党政権は共謀・手引きをしている反日売国左翼集団です。
【日本】の国益は中国に貢ぎます。
【日本】の国防を疎かにして領土も日本の天然資源も中国に貢ぎます。
【日本】の国民の生活より在日の生活が一番です。

↑こんな民主党にいつまで騙されるのですか!?
未だに民主党を支持する日本人は日本人として自分の国を貶める支援・応援をしていると言う恥を知りなさい。



・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆・:・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆・:・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆・:


ひめのブログ いまの幸せをまもりたい、それだけです
http://ameblo.jp/000hime/entry-10651653769.html




これから中国へ60兆円がばら撒かれるとのこと

尖閣諸島だけに惑わされてはいけない

拡散依頼です。

最後原文を載せますので、原文を転載していただけるかたは参考にしてください(´∀`)


[結論]


■尖閣諸島問題騒ぎの裏で、
民主党が中国へ莫大な金を垂れ流している。


[経過]


①日中遺棄化学兵器処理問題

戦争で日本軍が中国に大量の化学兵器を放置してきた。
ジュネーブ条約により、これは日本が掘り起こして処理する義務があった。

*証拠なし。中国は調べさせず。


②2006年5月


『正論』6月号に水間政憲さんの論文が掲載
「遺棄化学兵器は中国に引き渡されていた」


⇒①の化学兵器を日本が処理する必要がない証拠が提示


③2009年1月24日
日中遺棄化学兵器処理問題終結

麻生内閣は、中国へ最大60兆円払うはめになりそうだった日中遺棄化学兵器処理問題を終わらせた



④2010年9月2日
朝日新聞社報道
「旧日本軍遺棄の化学兵器、廃棄始まる。中国・南京」


http://www.asahi.com/international/update/0902/TKY201009020005.html




抜粋はじめ **//**


旧日本軍が中国に放置した毒ガスなどの遺棄化学兵器を廃棄する作業が中国江蘇省南京で始まった。

中国国内に約40万発あるとされる遺棄化学兵器を日本政府の責任で爆破処理する。

1年程度かけて南京の約3万6千発を廃棄。
他の都市にも広げていく方針。

1997年に発効した化学兵器禁止条約により、日本が資金を出し専門家を派遣して廃棄することが決まっている。

平岡秀夫・内閣府副大臣
「(中国での処理事業が)発掘・回収から、廃棄という新たな段階を迎えた」


抜粋おわり **//**



ずっと調査もさせないで証拠も無いのに日本の化学兵器だと押し付けられ、毎年数億使って中国軍の後片付けをさせられてた。

水間さんが調べあげ、証拠を出し、
麻生内閣が中国へ話をつけ、約60兆円を守った。



それをミンスが蒸し返し、
『日中遺棄化学兵器処理問題終結』をさもなかったように動いとるということ。



2010年8月23日
内閣府による、遺棄化学兵器処理事業参与(非常勤一般職国家公務員)募集
http://job.lvgod.com/bbs/tokyo/1281995244




抜粋はじめ **//**


[依頼人]
内閣府大臣官房遺棄化学兵器処理担当室

[ブログ(HP)]
http://www8.cao.go.jp/jinji/saiyo/sonota/20100813_iki.pdf

[応募締切日]
2010-8-23

[給与額]
日額17,200円~21,700円

[勤務期間]
採用日から平成24年3月31日まで(予定)

[仕事内容]
中国に遺棄された旧日本軍の化学兵器を廃棄処理する事業を行っています。


抜粋おわり **//**

以下拡散依頼の転載です **//**


【拡散お願いします】

尖閣諸島問題で、中国政府が日本に恫喝を続けている問題について。
事の発端は、9月7日の台風明けの 鶸デイでした、

なぜ9月7日だったのでしょう?

中国側の報道をチェックする為に中国大使館のホームページを見ていると、遡る事3日前、新着情報に
「日本政府,中国に遺棄された化学兵器の廃棄作業を正式開始」との記事が目にとまった。
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/xwdt/t737591.htm

これは、従来行われていたODAに変わり、日本の新たな財布として中国が主張してきたものだ。

この問題については近年浮上し政府も人道的立場から条約を結び、遺棄された化学兵器の費用負担だ、しかし実態は電力がないから発電所を立てろ、道路が無いから整備しろと無尽蔵な金の無心をしてくると以前から指摘されていた。

しかし最近の調査により旧日本軍の武器の引継書が発見され、雑誌「正論」[SAPIO]などでも取り上げられ、遺棄は中国側でなされたものとして、決着の付いた問題だと理解してきた。


しかし中国と日本政府サイドは、某兵器商社の○田洋行も参入して、水面下で着々と侵攻してきたのです。

そして問題の9月4日に化学兵器を廃棄処理する作業を正式にスタートさせた。


この問題が表面化すると日本における世論はどうなるか、中国サイドも反発が予想されるのを察し、尖閣問題に目を向けさせる為、台風の中を船を尖閣突入させる荒業に出たのでしょう。


この行為により、中国国内でのナショナリズムの高揚、更に世界へのアピール、そして遺棄問題の目くらましと、この問題に対する有無を言わせぬ恫喝である。


今まで何故、台風の中でと腑に落ちない点がやっとすっきりとした。

中国政府は2重3重の搦め手で日本を狡猾に揺さぶり続けている。

Xデイの意味が明らかになったのではないでしょうか?

内閣府、遺棄化学兵器処理担当室の中国出張から帰国登庁は21日です、
然るべき報告を問わねばなりません。

尖閣だけに目を向けていると足元をすくわれてしまいかねない分岐点が今なのです。



転載おわり **//**


参照)

日中遺棄化学兵器処理問題終結
2009/01/24 -水間政憲
http://freejapan.iza.ne.jp/blog/entry/885407/

遺棄化学兵器処理問題
-戸井田とおるの丸坊主日記
2010/09/02
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/blog-entry-706.html

遺棄化学兵器の国会質問動画
2006/5/12 -戸井田とおる
http://jp.youtube.com/watch?v=J079a20yiRs

遺棄化学兵器の国会質問動画
2006/10/27 -戸井田とおる
http://jp.youtube.com/watch?v=JkPJaan4tl0

【内閣府】遺棄化学兵器処理事業参与募集要項
http://job.lvgod.com/bbs/tokyo/1281995244


スポンサーサイト

| 血税が消える | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐ろしい子供手当ての背景

八木秀次x三橋貴明「民主党子ども手当の異常性」



東大の大沢真理が書いた「男女共同参画社会をつくる」の中で書かれている事を民主党がやろうとしているのです。
児童の最低生活を親の所得制限なしに提言する。所得税の扶養控除は廃止する。

なぜ子供手当てが支給されるかと言うと「少子化対策ではない」「親に対する出産奨励や育児支援ではない」

「それは国家は児童労働を禁止し、義務教育制度をとって児童の稼働機会を閉ざしている。本質は子供に対する直接給付なのだ」

これは、まさしく左翼思想、共産主義思想です。
90年くらい前にロシアでやって失敗した政策を日本でやろうとしています。

民主党の正体が、はっきり炙り出されてきました。
こうして「家族解体」「国家解体」をして日本人を「地球市民化」しようという政策なのです。

恐ろしい事が始まっています。

| 血税が消える | 02:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝鮮学校無償化に同胞からもNO!

産経ニュースから

朝鮮学校無償化、脱北者が適用反対 「金総書記を礼賛する教育に税金を投じるべきでない」
2010.4.16 21:44

 高校授業料無償化の朝鮮学校への適用をめぐる問題で、韓国に住む脱北者らが来日し、16日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に対し、適用に反対する抗議文を提出した。脱北者は、朝鮮総連の帰国事業で北に渡った元在日朝鮮人二世らで、「無償化は金日成、金正日父子を礼賛し、人権抑圧を隠す教育の放置につながる」と訴えた。

 来日したのは、韓国の脱北者団体「北朝鮮民主化運動本部」のチョン・グァンイル事務局長と在日二世の脱北者らで、12日に日本入りし、14日、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)前で抗議活動したのに続き、16日、東京の朝鮮総連本部に抗議文を提出した。

 朝鮮学校の無償化問題が日本で報道されて以来、チョン氏らは朝鮮高級学校の歴史教科書を入手し、「事実が歪曲(わいきょく)、隠蔽(いんぺい)されている」との分析結果を米韓メディアを通じ発表。当事者に直接訴えようと今回、緊急来日した。

 チョン氏自身、北で金父子礼賛教育を受けてきたが、政治犯収容所に送られて初めて「こんな教育をする社会で暮らすべきでない」と痛感したという。「日本は、政治犯収容所のような人権抑圧や日本人拉致の責任者である金正日(総書記)を礼賛する教育に税金を投じるべきでない。事実を知らないまま学ぶ朝鮮学校の生徒を新たな被害者にしかねない」と話す。

 昨年韓国に脱北し、今回来日したキム・スンヒさん(47)の両親は北朝鮮と故金主席を礼賛する朝鮮総連の宣伝を信じ、北に渡った。「父は『日本に帰りたい』と漏らしただけで政治犯収容所に送られ、消息も分からない。朝鮮学校の生徒らは、北の本当の姿を何も教えられていない」

 チョン氏らは今後、鳩山由紀夫首相にあて無償化適用反対の要望書を送ることも検討している。


脱北者の方たちが、わざわざ来日してこのような抗議文を出してくれました。

朝鮮学校無償化にあたっては、灰色の部分が非常に多いのです。
調査会ができましたが、メンバーは一切公表されていません。つまり、日本人が調査したのかどうかすら判っていないのです。
また学校へ見学に(文科省からだったでしょうか)行った際には、時間割が変更されていて歴史の授業はありませんでした。朝鮮学校の歴史の授業は反日一色ですから見せるわけにいきません。
見学にいくほうもそんなことは承知のはずです。うわべだけの調査でしかありません。

| 血税が消える | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。