うすば蜻蛉日記

正しい歴史認識を持って日本人の誇りを取り戻しましょう

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海上保安官の尖閣映像公開と「処分」について(西村真悟さんメルマガから)

国士 西村真悟さんのメルマガからです。

海上保安官の尖閣映像公開と「処分」について
No.580 平成22年12月23日(木)

本日は、天皇誕生日。
おめでとうございます。心より、御皇室の彌榮を祈り申し上げます。
また、昭和二十三年の本日未明、巣鴨において、東条英機ら七名が、連合軍によって絞首され殺害された。連合軍は、殺害した七名の遺体を直ちに東京から運び出して焼却し、その遺灰を海に投棄した。無念だ。
ここに、我が国現代史に刻まれた苦痛がある。この苦痛を我が現代史回復の機転とすることによって、七名の霊に報いねばならない。
本日、未明、このことを強く思った。あたかも、夢のなかで語りかけられているようだった。

さて、昨二十二日、海上保安庁が尖閣映像を公開した海上保安官を停職十二ヶ月とし、同人は「後悔していない」と言い切り退職した。
処分を発表した鈴木海保長官は、「あってはならない事態。国民の信頼を大きく損ねた」と述べ、保安官が所属した神戸の第五管区の本部長も、「映像流出はあってはならない行為。深くおわび申しあげます」と口裏を合わせた。
マスコミも、「流出」に関する処分自体は致し方ないという論調である。
中共に指図されて、尖閣映像を秘密していた菅内閣にとっても、映像の公開は、もちろん、「あってはならない事態」である。
官房長官は、「(保安官の書類送検を受けた捜査当局は)速やかに厳正処分してくらたらと思う」と未だぬかしている。
そこで、これら有象無象の頭の中に無いことを申し上げておきたい。
それは、「あってはならない事態」がなかったら「どうなっていたのか」ということである。それこそ、我が国が「中共の戦略の罠」に嵌っていた。いや、正確ではない。
「中共の戦略の罠に自ら身を委ねて嵌っていった菅内閣の背信性を国民が見抜くことができなかった」というべきである。

では、その「中共の戦略の罠」とは何か。これこそ、二十世紀の我が国が嵌った最大の罠だ。
我が国は、一九二七年に南京で蒋介石の北伐軍の襲撃を受けて以来、一九三七年七月の支那事変を経て泥沼の大陸に足をすくわれるまで、一貫して中国共産党に仕組まれた図式のなかに嵌め込まれた。
それは、「日本が悪で、中国は善」というプロパガンダである。これこそ、現在に至る中共の「国家戦略」であり、江沢民の時代に強化された反日教育の徹底と南京の「三〇万人屠殺記念館」によって常に拡大再生産されている。
このプロパガンダ戦略により、中共は、我が国から膨大な援助という金塊を奪うことができた。
そして、現在、中共は、我が国の金塊ではなく、尖閣さらに沖縄という我が国の領土と領海を奪うことができると踏んでいるのだ。
これが、中共の一貫した戦略だ。
そこで、尖閣映像公開以前、中共は如何なる発信をしていたのか。この度の中共の発信先も、戦前と同じである。中共は、我が国に発信するのではなく、アメリカに発信していた。従って、我が国では、ことの重大性が直ちに解らない。
九月二十四日の、中国船長釈放の前後にアメリカのマスコミには次の「真相はこうだ」的な論調が現れ始めていた。
それは、端的に、「尖閣周辺の中国の漁場では、貧しい中国の漁民が漁をして生活をかろうじて支えている。この無力で貧しい中国漁民を日本の武装した強力な巡視船が追いかけ回していじめている」という論調である。
国際社会、特にアメリカ世論のなかで、この中共の嘘が事実として広がる事態が如何に我が国にとって危険か、歴史を知ればくどくどと説明をする必要もなかろう。
この中共の嘘が世界にまかり通ると、尖閣はおろか沖縄も危ない。
さて、ここまで来ればもう指摘するまでもない。
海保の部下を護ろうとする気力さえない腰抜け幹部と売国と配信の巣と化した菅内閣が言う、尖閣映像公開という「おこってはならない事態」が、その願望通り「おこらなければ」、我が国は如何なる事態に陥っていたのか!
それは、中共の反日プロパガンダへの屈服である。まさに、二十世紀前半から中盤にかけて我が国が陥った苦渋を、再び経験することになったのだ。
しかしながら!海上保安官、一色正春氏の「後悔していない」と言い切る映像公開があった。そして、見よ!中共とその共犯と化した菅内閣の「反日プロパガンダ」は朝日の前のぼた雪のように消え去ったではないか。尖閣の海の、我が国の正義が世界に明らかになったではないか。
以上、尖閣映像公開は、中国の凶暴なる実相と中国船長逮捕の経緯を明らかにしただけではなく、密使とか言う馬鹿な兄ちゃんを北京に赴かせて中共の指図に迎合して共犯となり日本国民を裏切っている菅内閣の総理と官房長官の卑しい根性をも明らかにした。これこそ、「救国の公開」だったのである!
尖閣周辺における私の「体験的海保論」は、後日述べたいと思う。
スポンサーサイト

| 尖閣問題 | 04:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国士 西村慎吾さんのメルマガから 大阪デモの様子など

今日はmy日本のポスティング部の女性たちと三人で埼玉でポスティングしてきました。
大体、4時間くらい行っていたと思いますが、合計で約7000枚のチラシをポスしてきました。
さすがに疲れました・・・(´ヘ`;)

また手抜き記事で申し訳ありませんけど、西村慎吾さんのメールマガジンに昨日の大阪でのデモの様子が書かれていましたのでまるっと転載させて頂きます。
私はニコ生で応援していましたが、すごい人でしたねー。
大阪も熱く燃えております。

御堂筋のデモと難波の集会、草莽崛起
No.572 平成22年11月21日(日)

昨日、十一月二十日、尖閣諸島で侵略の本性を現した中国と、その中国に服従し屈服した菅・民主党内閣への抗議デモと集会を行った。参加者は約三千三百名だった。
デモと集会で日の丸の旗が林立し、その数五百本ほど。
御堂筋と難波で、これほどの数の日の丸が打ち振られるのは、戦後初めてではないか。

今まで街頭デモは、左翼の専売特許だった。その左翼運動は、退潮した。そして、今は昨日のように、日の丸のデモに国民が集まり参加する。何故か。その訳は、我が国に本格的な左翼政権が誕生しているからである。
街頭における左翼運動は退潮した。しかし、左翼は身を隠して彼らの言う「ブルジョア組織」のなかに入り込み、学校の教育内容を支配し、各自治体の行政の末端に影響を及ぼし、遂に内閣を組織したのだ。これが、菅・仙石内閣である。
彼らは、街頭運動はせずに正体を隠して、日本国民を誤魔化している。正体を隠すことによってのし上がるのに成功した。
従って、菅内閣の支持率の推移で明らかなように、国民は当初は知らずに左翼を歓迎していた。
しかし、はじめから正体を見抜いてそれにふさわしい手を打ってきたものがいる。それが、中国共産党であり、中国の動きに追随するロシアである。
そして、菅・仙石は、見事にその正体にふさわしい対応をした。それが、この度仕掛けられた尖閣諸島における事態である。
先日の横浜APECにおける菅の胡錦涛の前でのメモを見るおどおどした態度が明らかにしているのは、菅が胡錦涛の手下であるということである。

今一度、今や記憶から遠ざかっているコミンテルンという組織を思い起こしてほしい。このコミンテルンは、国際共産主義運動のことでありソビエトにより結成され中国共産党が権力を握る司令塔となった。そして、今も、中国共産党の戦略と行動パターンのなかに生きている。
もちろん我が国においても、コミンテルンの指令の下に数々の事態が生じ、菅・仙石の学生時代は、大学はコミンテルンに支配されていた。その中で、左翼となったのが今の総理と官房長官である。そののし上がる課程は、コミンテルンの指令通りだ。つまり「ブルジョア組織」を利用して「ブルジョア組織」を支配するにいたった。
そこで、西の大陸側に今も生きているコミンテルンの本山からみれば、彼らはどう位置づけられるのか。それは、明らかに、自分たちの指令の通りに動いてきた者達つまり自分たちの手下である。

中国は、菅・仙石を自分たち中国共産党の手下とみている。これが、尖閣諸島への露骨な侵略と傲慢無礼な対応となって表れている。そして、菅・仙石も中国が見抜いた通り、中国の手下としての対応をしている。
それを示す映像が、APECで、胡錦涛の前で下を向いてメモを見る菅の姿である。また、手下であることを示す所業が、海上保安庁の撮影した尖閣諸島の映像を国民に隠した上での船長釈放である。

そこで、昨日の御堂筋デモと難波での集会に戻るが、集まった国民が抗議し非難する対象は、単に中国の尖閣侵略のみではなく、その中国の手下であることが明らかになった菅・仙石民主党内閣そのものに広がった。
敵は、中国共産党とその傘下の菅・仙石民主党内閣である。
このことを明確にしたのが、昨日の御堂筋と難波である。

難波での日没後の集会を閉じるにあたり、集う二千人近い方々が、街宣車の上に掲げられた日の丸を眺めて国歌「君が代」を斉唱した。そして、東の皇居の方向を向いて「天皇陛下万歳」を三唱した。東の空のビルの上に煌々たる月があった。
解散後に立ち去りがたくまだ街頭に残る若い人々から口々に、国歌の斉唱と天皇陛下万歳は、よかったです、涙がでました、と言われた。まことに、うれしかった。

ここに、デモと集会に参加された皆さんと、頑張れ日本・全国行動委員会のスタッフとして縁の下でのサポートに徹して下さった皆さんに、心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
時代は変わるが、今、変えているのは皆さんだ!
これが、即ち、草莽崛起による日本再興!


西村慎吾さんのHPはこちらhttp://www.n-shingo.com/

| 尖閣問題 | 11:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頑張れ!海上保安庁 署名のお願い

影の総理とも言われている仙谷健忘長官は、どうしてもビデオを流出させた海保職員の方を罪人に仕立てあげたいようですが、海上保安庁では様々な活動(不審船の取り締まりなども含め)をHPで公開していました。
本来なら、中国の尖閣諸島領海侵犯も普通に海保のHPで報告されてしかるべき事件でした。

海上保安庁の活動を紹介している動画を見つけましたので紹介します。



海保のHPはこちら。http://www.kaiho.mlit.go.jp/
海保友の会というのもあります。

警備の鬼と呼ばれ、初代内閣安全保障室長を務められた佐々淳行さんがHPで署名を集めています。ご協力お願いします。

(署名募集の趣旨)
この海上保安官のYou Tubeへの投稿は、国益を思い、使命感にかられて行った行為です。
国家公務員法の規律違反としての減給、戒告等の処分はやむを得ませんが、守秘義務違反による刑事罰を科すことには強く反対します。

私のこの意見に賛同してくださる国民の声を、メール形式の「署名」という形で集めたいと思います。
法的な力はありませんが、私のできる限りのチャンネルを使って関係各所にはたらきかけるつもりです。
そのためには、皆様の「署名」が大変大きな力となります。
http://www.sassaoffice.com/

| 尖閣問題 | 15:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

尖閣ビデオ流出問題 海保職員名乗りでる

佐々淳行氏が尖閣ビデオを流出させた人は堂々と自首をして、その意図を公に述べられればいいだろうと述べていた。
今日になって、第五管区の職員が自ら名乗りでたというニュースが飛び込んできた。


海保職員「流出に関与した」自ら名乗り出る 尖閣ビデオ流出産経新聞11月10日(水)12時8分

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を撮影したビデオ映像がインターネット上に流出した事件で、第5管区海上保安本部(神戸市中央区)の男性海上保安官が「自分が映像を流出させた」と上司に名乗り出ていたことが10日、分かった。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1110/san_101110_5112996324.html

前の記事次の記事[.]海保職員「自分が流出」=投稿元は神戸・漫画喫茶—ビデオ映像流出
時事通信11月10日(水)13時55分

 中国漁船衝突の映像を送信したとみられる漫画喫茶。第5管区海上保安本部神戸海上保安部所属の職員が映像流失への関与を認めた(10日午前、神戸市内(一部、画像を処理しています)

 中国漁船衝突のビデオ映像流出事件で、神戸海上保安部(神戸市)の40代男性職員が航行中の船上で、上司に「自分が映像記録を流出させた」と説明したことが10日、分かった。映像が神戸市内の漫画喫茶から投稿されたことも判明した。
 関係当局は説明に信ぴょう性があるとみており、警視庁捜査1課は国家公務員法(守秘義務)違反容疑などで事情聴取。捜査当局は容疑が固まり次第、逮捕する方向で検討に入った。
 鈴木久泰海上保安庁長官は衆院予算委員会で、職員は巡視艇乗組員であり、航行中だったが、神戸の海保庁舎内に戻ったとの趣旨の説明をした。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1110/jj_101110_2593506488.html

警視庁捜査1課は10日、国家公務員法(守秘義務)違反容疑などで逮捕する方針を固めた。




政府が必死に犯人探しをしていましたが、本人(らしき)人物が名乗りでてしまいましたね。
今日の国会答弁で、仙谷はビデオ公開について、いまだ拒否を続けています。
国民はあきれ果てていますよ、内閣健忘長官殿。

産経新聞記者の阿比留瑠比さんのブログから引用します。
(引用ここから。太字はそのまま。赤字は管理人)
11月9日
さて、本日も中国漁船衝突事件のビデオ映像公開問題について取り上げます。仙谷由人官房長官は昨日の記者会見で、映像が流出して以降、海上保安庁に激励の電話が相次いでいることについて次のように不快感を示しました。

 「公開して『よくやった』というのか。犯罪行為を称揚することで、そういう気分は日本国中に少々あるかも分からないが、同意はしない」

 仙谷氏は、国会で答弁した通り、ビデオ映像を地検か所轄の警察署の倉庫に眠らせておきたかったわけでしょうから、そういう感想になるのでしょう。また、菅直人首相は昨日の衆院予算委員会で流出について「政府としては管理不行き届きだった。おわびしたい」と陳謝しました。

でも、世間は必ずしもそうは考えていませんね。どうせおわびするのなら、「ビデオを隠蔽してきてごめんなさい」と言ってほしいという国民の方が多いのではないでしょうか。そもそも、隠すような内容だったのか。国民の知る権利を軽視していたのではないか。
そこで、9日付の在京各紙から、関連する記事とコメントを拾って、少し愚考してみたいと思います。

 まず、拓殖大の遠藤浩一教授は産経新聞でこう指摘しています。

 「領土にかかわる問題なのだから、政府がこざかしい逃げ道をつくるたぐいのものではない。映像の公開は制限するものだったのか。菅内閣は、中国が行っているような統制をやっている」

 この点については、毎日新聞の社説も次のような記しています。

 「衝突時のビデオはそもそも、国家機密として『守るべき情報ではない』(渡辺喜美みんなの党代表)との指摘もある。そうでないと言うのなら、政府はその理由を説得力をもって説明すべきだ」

 これは重要な視点ですね。この流出問題に関しては、検察当局が国家公務員法違反容疑で捜査に乗り出したわけですが、そもそもビデオ映像は守秘義務の対象となるのかどうかという疑問が示されたわけです。

 これに関し、今朝の各紙には次のような記述がありました。

 「最高裁は1978年、守秘義務の対象は、形式的な秘密指定の有無で決まるのではなく、『実質的に秘密として保護に値する』かどうかで決まると判断した」(朝日)

 「国家公務員法の守秘義務違反で刑事責任を問うには『部外秘』などと形式的に秘密扱いされていただけでは不十分で、保護するのに値する実質的な内容がなければならない、という説が有力だ」(日経)

 「流出直前には一部国会議員にも限定公開されており、最高検幹部は『(容疑者が起訴され)裁判になったら、映像の秘密性が争いになるだろう』と話す」(日経)

 「流出させた人物を特定しても、映像が国家公務員法で漏えいが禁止されている『職務上知ることのできた秘密』かどうか、『公判で議論となる余地はある』(検察幹部)という」(東京)

 「元毎日新聞記者の西山太吉氏らが外交文書の公開を求めていた訴訟で、今年四月の一審東京地裁は『国民の知る権利をないがしろにした』と外務省を批判、原告勝訴の判決を言い渡した」(東京

 …こうした一連の指摘を読んでみると、あるいは容疑者が逮捕され、裁判になったとしても、必ずしも有罪になるとは決まっていないようですね。行政処分の対象であることは当然だとしても、仙谷氏が「犯罪行為」と言い切ったの適当なのかどうか。もし無罪判決が出たら、政府は大恥をかくことになります(まあ、そのときにはもう菅政権ではないでしょうが)。

国民の素直な気持ちは、政府が知る権利を無視して隠してきた映像を白日の下にさらしてくれた人物を、なじるよりも称賛したい部分が大きいでしょうし、菅政権の隠蔽体質にはイライラさせられていますしね。

 この問題について、きょうのみんなの党の役員会で、渡辺氏が再び次のようなあいさつをしています。

《尖閣ビデオの犯人捜しが行われている。これも本末転倒の話だ。大変だ、犯人捜せということになっているが、そもそもこのテープは、国家機密漏洩罪を科して守るに値する国家機密なのかということを問いたい。そういう秘密性、いわゆる実質秘といわれるような秘密性は全くないと私は思う。
犯人捜しをやって、恥の上塗りをやることはやめた方がいい。仮に流出した人が見つかったとする。彼は英雄になりますよ。民主党のためにも、こういう愚かなことはすぐやめるように申し上げておきたい》

とは言っても、もう捜査が始まっているので今さらストップは無理でしょうね。自業自得ですが、菅政権はすでに負のスパイラルに陥ってしまっているので、もう何をやっても裏目に出るだけでしょう。今回のように中途半端にあがけばあがくほど、深みにはまっていくだろうと。

 正確な日時は知りませんが、今週末にも発表されるであろう時事通信の世論調査では、おそらく内閣支持率は20%台でしょう。昨日のNHKでは31%でしたが、3割を切ると政権は非常に苦しくなります。鳩山内閣は、支持率が2割前後まで落ち込んだ時点で瓦解しました。

 菅首相は昨日、「どこまで頑張りきれるか分からないが、物事が進んでいる限りは石にかじりついても頑張りたい」と述べました。この言葉の中で私は、「どこまで頑張りきれるか分からないが」という部分に菅首相の本音、苦しい胸の内が表れているように思いました。

 仙谷氏の言動からも、日々、軌道を外れさまよい、血迷っている様子がうかがえますし、この政権はもう長くないだろうなと感じています。菅首相が言うようには、もう「物事は進んでいる」ということはなくなるでしょう。まあ、みんな自分たちが招いた事態であり、自分自身で掘った墓穴なわけですが。

11月10日
 前回のエントリの続きというか、単なる思いつきのエントリです。昨日の衆院予算委員会で、みんなの党の柿沢未途氏が、中国船衝突事件のビデオ映像流出について、「犯人だという人を摘発したら、その人は英雄になってしまう」と指摘(渡辺喜美代表と同じ言い回しですね)したところ、仙谷由人官房長官は語気を強めてこう反論しました。

「逮捕された人が英雄になる、そんな風潮があっては絶対にいけない。映像を故意に流したことを褒めそやし、良いことのごとくに言うのは不本意だ。そんな日本社会であってはならない」

 なるほど一見もっともですが、逮捕された中国人船長が超法規的に釈放され、事実上、不起訴も決まっていることを思うと、なんだか白々しく感じます。中国人船長は両手でピースサインをして帰国し、中国では英雄扱いされていますし、仙谷氏が同じセリフを中国にも言えるのなら、私も聞く耳を持たないでもないですが(鳩山由紀夫前首相風に)。
(引用ここまで)

阿比留瑠比さんのお話は痛快ですねー。
産経新聞は仙谷に嫌われてますから、最近ますます痛烈に政府批判してますしね。
頑張って欲しいものです。

海保の皆さんに、エールを送りませんか?
http://www.kaiho.mlit.go.jp/

怒りの声はこちらへ↓
回線パンクしないと分からないのかしら~

国民の声も募集中だそうです
【国民の声担当室】
03-5501-2277
http://www.cao.go.jp/sasshin/kokumin_koe/uketsuke.html
内閣官房内閣総務官室

〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1 TEL.03-5253-2111(代表)


(↑マイフレンドさんの力作)

| 尖閣問題 | 14:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石原都知事「海保職員を中国船乗組員が銛で突いた」

昨日の「報道2001」(フジテレビ)での石原都知事の発言が、ネットでも大きな波紋を広げています。
ご存知でしょうか。
発言部分の動画をアップしたら今日にはもう、著作権侵害とかなんとかで削除されてました。
お友達がブログで石原都知事の発言を書き起こししてくれてますので引用します。

以下引用===

石原都知事「たとえば日本の潜水艦がね、無警告で北朝鮮の領海に潜航する、あるいは中国の領海に潜航する。いや、韓国の領海に潜航してもね、少なくとも、警告の爆雷を投下されたりね、下手したら撃沈されますよ。それが国防というものですよ。とにかく、それをまったく放置してきたわけだから。
それからね、情報ってのは必ずどこかかから漏れてくる。
北朝鮮で拉致された、明らかに拉致されただけじゃなくて、どうもそうらしいという被害者を含めると、数百人の人たちが東京都庁の広場に集まって、キャンペーンをやったんですけどね。その時にも。う~ん、まあ。政府の関係者から「側聞ですが」と聞きましたが。う~ん。とにかく、日本の巡視艇の乗員が落ちたのを、なんかのはずみに。中国の漁船、銛でついてるんだって。」

アナ「その方を、ですが」

石原都知事「それはね、側聞ですがってことだけど、数人の人から聞いた。
それはね、やっぱり、その実態っていうのを私たちは知る必要があるし、公開すべきだと思うし、それがやっぱり、この問題に対しての正当な日本人の世論っていうのをつくっていくと思いますよ。
今の政府っていうのは、自民党も民主党も、みんな世論調査気にして、ぴりぴりぴりぴりしてね、世論なんていいかげんなものにおもねっているんだけど。
私はね、尖閣で漁船がむこうからつっこんできて、しかも航路を妨害し、はずみに落ちた。たとえば、日本の乗組員を要するに、銛でついたなんてことをしたら、魚じゃないんだから、マグロじゃないんだから。ま、ウソかホントかわかりませんが」

アナ「確認して・・・」

石原都知事「そのうわさが***なんていいことじゃないからね、公開したらいい、それは、あるんだから」

アナ「はい。」

石原都知事「あなた方、メディア、しっかりしなさいよ。」

アナ「はい。いやいや、情報を確認する必要が確かにあると思いますが」
===引用終わり(**部分は聞き取れなかった部分)

ビデオを速やかに公開していれば、海保職員死亡説などもでないわけですからね。



尖閣問題に対する30日大阪デモ、31日の名古屋デモに参加できる方はお願いします。
それと、右欄で紹介してなかったデモのお知らせです。

小平朝鮮大学校に朝鮮学校無償化反対を直接ぶつけるデモ行進

【日時】平成22年10月31日(日)
集合13:15 デモ出発13:30
【場所】集合 小平中央公園 西武国分寺線 鷹の台駅
すぐそば
場所 上水公園(朝鮮大学校門前)
【主催】在日特権を許さない市民の会 東京支部

| 尖閣問題 | 14:15 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。